美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。記載の記事内容についての詳しい旅行記などは、アメブロに掲載していますので、こちらもご参考ください。 ※http://ameblo.jp/dragonlady27/

手作りハンバーグ工房 Toshi

10月に札幌に行った際、前から行きたいと思っていたお店にやっと行くことができましたので、その時の様子をお伝えいたします。

場所は地下鉄の大通駅から徒歩数分のところにあります。
f:id:dragonlady:20171121230502j:image

お店は地下1階にある飲食街にありますので、階段を下ります。
f:id:dragonlady:20171121230508j:image

こちらがお目たてのお店
f:id:dragonlady:20171121230514j:image

手作りハンバーグ工房 Toshi
f:id:dragonlady:20171121230519j:image

入口には今日のサラダの見本がありました。
f:id:dragonlady:20171121230525j:image
このお店のサラダは、その日の新鮮なものを使用していますので日替わりとなるそうです。

お肉にもこだわっているようですね~
f:id:dragonlady:20171121230530j:image

こちらがハンバーグのメニュー
f:id:dragonlady:20171121230535j:image

これ以外にも色々なトッピングがありました。
f:id:dragonlady:20171121230541j:image

テーブルとお腹は既に準備万端です。
f:id:dragonlady:20171121230546j:image

まずは、本日のスープから
f:id:dragonlady:20171121230551j:image
大好きなコーンスープでした。
濃くて甘くて美味しい~!


そしてサラダ
f:id:dragonlady:20171121230556j:image
入口の見本通り、しゃきしゃきと新鮮で美味しいです。

そしてハンバーグ登場!
f:id:dragonlady:20171121230601j:image
私は、あっさりおろしそハンバーグ(300g)

すごくジューシーで美味しい~!
おろしそも合いますね。

ついでに食後のデザートも頂いちゃいましょう。
f:id:dragonlady:20171121230608j:image

こちらのハンバーグ、なんと第1階ハンバーググランプリのメジャー部門で『金賞バーグ』に選ばれています。
f:id:dragonlady:20171121230622j:image
ふっくら美味しいのもうなずけますね!

今回はお昼のランチタイムに伺ったんですが、お店に着いたのは11:25頃でした。
お店の外には、順番を待っている人が沢山みえました。

名簿に名前と人数を書いて待つこと35分、やっと席に案内を頂けました。

そして食事を終えて外にですよ、先ほどよりも沢山の方が待ってみえましたので、時間に余裕を持っていかれることをお勧めします。


手作りハンバーグ工房 Toshi
北海道札幌市中央区南一条西2-5
 南一条Kビル B1F
電話 011-241-4189
営業時間 11:00-15:00、17:30-21:00

ラ・ジェント・ステイ札幌大通② 天然温泉 ぽんの湯

10月に行った札幌で宿泊したホテルの紹介の2回目です。

dragonlady.hatenablog.com


札幌市内の大通にある、ラ・ジェント・ステイ・札幌大通
f:id:dragonlady:20171121140251j:image

チェックインの際に頂いたご案内
f:id:dragonlady:20171121140258j:image
この用紙をよく見ると、右側の中ほどに天然温泉のご案内があります。

温泉は館内の3回と5階にあります。

営業時間
【男性】
  15:00-25:00 ・・・3階
  06:00-09:30 ・・・5階
【女性】
  15:00-25:00 ・・・5階
  06:00-09:30 ・・・3階

つまるところ、午前と午後で男女が入れ替わるという仕組み

それでは、午後の女性の湯に行って見ましたのでその時の様子をお伝えします。
上のリストより、午後からの女性は5階になります。

なお、以降に掲載します写真は、午後の清掃直後に一番乗りで行ったこともあり、まだどなたも来ていない状態でした。
一旦、内部に人がいない事をしっかりと確認した上で撮影をしています。

エレベーターを降りると正面に案内看板があります。
f:id:dragonlady:20171121140301j:image

降りて左手を見ると、すぐ入口があります。
f:id:dragonlady:20171121140309j:image

床をよく見てみると、ホテルの入口に合った可愛い足跡
f:id:dragonlady:20171121140336j:image
それを辿るように中へ進むと・・・

うふふっ、お尻がでてますよ~(笑)
f:id:dragonlady:20171121140313j:image

入口の右側にルームキーを当てると扉が開きます。
f:id:dragonlady:20171121140326j:image
チェックインの際に、男女別に色違いのルームキーを頂けます。

ドアを開けて中に入った様子
f:id:dragonlady:20171121140354j:image
履物を脱いで下駄箱に入れて中に上がります。
(下駄箱は写真には写っていません)
上の写真の左手にある鍵付きのところはセーフティーボックスです。

突き当たり正面は、休憩用のスペース
f:id:dragonlady:20171121140344j:image

中に入って左奥にはドレッサーが3つあります。
f:id:dragonlady:20171121140359j:image

化粧水に乳液、シャワーキャップ
f:id:dragonlady:20171121140615j:image

クシ(白・黒)、レザー
f:id:dragonlady:20171121140627j:image

カラフルなヘアゴムにめん棒
f:id:dragonlady:20171121140417j:image

そして、お風呂の中を見てみると巨大なたぬきが・・・!
f:id:dragonlady:20171121140415j:image

水分補給用として、冷たいお水もあります。
f:id:dragonlady:20171121140716j:image

さらに嬉しいのがこちら
f:id:dragonlady:20171121140753j:image
乳酸菌飲料が入口に冷やしてありました。

お風呂自体はそんなに大きくはありませんが、必要なものは全て揃っていました。
タオルはお部屋にあるものを持参することになっていますので、入浴の際は忘れないようにしましょうね。


ラ・ジェント・ステイ札幌大通
北海道中央区南2条西5丁目26-5
電話 011-200-5507
https://www.lagent.jp/sapporo-odori/

ラ・ジェント・ステイ札幌大通① お部屋の紹介(ジャパニーズスタイル ダブル)

10月に行った札幌で宿泊したホテルの紹介です。

札幌市内には、私達がよく利用するspgとHiltonの系列ホテルがないので、今回は珍しく全然違うホテルを予約してみました。

やって来たのはこちら
La'gent Stay Sapporo Odori ラ・ジェント・ステイ札幌大通
f:id:dragonlady:20171121115930j:image

地下鉄(南北線)の大通駅から徒歩数分と便利な場所にあります。
f:id:dragonlady:20171121115939j:image
こちらのホテル、昨年(2016年8月)に開業し、まだ1年ちょっとしか経っていませんので、とても綺麗です。

玄関から中に入ると、下に可愛い足跡が
f:id:dragonlady:20171121115946j:image

これを辿るとフロントに到着するようになっていて面白い。
f:id:dragonlady:20171121115959j:image

それでは今回宿泊したお部屋をご紹介します。
お部屋は11階の1103号室
f:id:dragonlady:20171121120008j:image

フロアーの見取り図(左下の赤丸がこちらのお部屋)
f:id:dragonlady:20171121120014j:image

扉を開けて中に入った様子
f:id:dragonlady:20171121120123j:image
お部屋はジャパニーズスタイル ダブル

和室のお部屋ですので、入口で履物脱いで上がります。
f:id:dragonlady:20171121120025j:image
写真にあるスリッパは、お部屋の外に行く時に利用するもの
使いまわしですが、中に敷く紙があるのは嬉しいですね!

その上にはハンガーがあります。
f:id:dragonlady:20171121120033j:image

入って左手にトイレとバス、そして洗面所
f:id:dragonlady:20171121120102j:image

アメニティ類とドライヤー
f:id:dragonlady:20171121120107j:image

バスアメニティ
f:id:dragonlady:20171121120112j:image

お部屋の右手にあるデスク周りの様子
f:id:dragonlady:20171121120130j:image

ドリンク類、無料の水ボトル(2本)
f:id:dragonlady:20171121122206j:image
最近、このカプセルのコーヒー、よく見かけるようになりました。

冷蔵庫の中
f:id:dragonlady:20171121122216j:image

お部屋の左手にはこのようなソファーも
f:id:dragonlady:20171121122311j:image

ベッド周り
f:id:dragonlady:20171121122322j:image
パジャマも完備されています。

普段は様式のホテルに宿泊していますが、たまには靴を脱いで寛げる和風のお部屋も良いですね~!


さてこちらのホテル、実は館内に天然温泉があるんです。
先ほどのスリッパとこのパジャマはその為のもの

ということで、次のブログでは天然温泉についてご紹介をいたします。
なかなか面白いお風呂なんですよ。


ラ・ジェント・ステイ札幌大通
北海道中央区南2条西5丁目26-5
電話 011-200-5507
https://www.lagent.jp/sapporo-odori/

香港国際空港 キャセイパシフィック航空ラウンジ③ ザ・ピア(The Pier, First)

香港国際空港で利用したキャセイパシフィック航空のラウンジ
今回はビジネスクラスラウンジ、ザ・ブリッジの紹介です

キャセイパシフィック航空のラウンジ
〇ファーストクラスラウンジ
 ・ザ・ウィング(T1、1-4番ゲート付近) 
 ・ザ・ピア(T1、61-63番ゲート付近) ココ

ビジネスクラスラウンジ
 ・ザ・ウィング(T1、1-4番ゲート付近)
 ・ザ・ブリッジ(T1、35番ゲート付近)
 ・ザ・キャビン(T1、23番ゲート付近)
 ・ザ・ピア(T1、65番ゲート付近)
 ・ザ・アライバル(5階、T1とT2の間)

ザ・ピアは、61-63番ゲート付近にあります。
日本へ向う飛行機の大半がこの近くのゲートにあるのではないでしょうか。
f:id:dragonlady:20171117171256j:image

看板の横にあるエスカレータを降りていくとラウンジの入口があります。
f:id:dragonlady:20171117175048j:image

搭乗券を提示して中に入り、左側を見るとザ・バーが見えてきます。
f:id:dragonlady:20171117174910j:image

ここではお好みのお酒やお勧めのシグネチャーカクテルなどが楽しめます。
f:id:dragonlady:20171117175025j:image

そしてザ・バーの手前(左側)には、ザ・パントリーがあります。
f:id:dragonlady:20171117171302j:image

ザ・パントリーと言うだけあって、色々なパンが豊富!
f:id:dragonlady:20171117171317j:image

パンにデニッシュ、タルトにサンドなど種類も豊富
f:id:dragonlady:20171117171704j:image

大型の冷蔵庫の中には、カットフルーツやヨーグルト各種
f:id:dragonlady:20171117171351j:image
こちらのお勧めは、上の写真の左下にあるフレッシュジュース

コーヒーマシーン
f:id:dragonlady:20171117171357j:image

紅茶・お茶各種(Jing Tea)
f:id:dragonlady:20171117171418j:image

ドライフルーツやナッツも揃っています。
f:id:dragonlady:20171117171425j:image

そして、今度は入口から右側の様子を見てみましょう。
f:id:dragonlady:20171117174904j:image
廊下を進んでいくと、右のお手洗い、そして左にはシャワー、マッサージ、デイスイートがあります。
受付は全て同じところですので、希望のサービスを予約することができます。

その中でも、ここザ・ピアには特色のあるサービスがあります。
それは滑走路の風景を楽しみながら寛げるデイ・スイートがあること。
f:id:dragonlady:20171117174743j:image
プライバシーカーテンを完備しており静かな環境なので、仮眠を取ったり読書を楽しむこともできます。(全8室)

ザ・ウィングではカバナ、ザ・ピアではデイ・スイート
いずれもとても魅力的なサービスですね!

ファーストクラスラウンジ(ザ・ウィング、ザ・ピア共通)では、もう一つステキなサービスがあります。

それはマッサージサービス
f:id:dragonlady:20171117174814j:image

いつも予約で一杯なので、時間に余裕がある時とかじゃないとなかなかサービスを受けることができないのですが、とても癒されますよ!
f:id:dragonlady:20171117174826j:image
マッサージは、フット、ショルダーが選べます。
搭乗前にマッサージで癒されてから乗れるなんて、ステキですよね!

さて、左右のサービスを確認した後は、廊下を突き当りまで進んでみましょう。

そこには、ダイニングルームがあります。
f:id:dragonlady:20171117175642j:image

中は広々としていて、とても落ち着いた雰囲気
f:id:dragonlady:20171117175652j:image

こちらはレストランと同じで、席に案内されるとメニューが渡されます。
f:id:dragonlady:20171117171449j:image
この日は午前中でしたので、朝食メニューでした。

希望のお料理と飲み物を注文し、席で待ちます。

その間に先ほど覗いたザ・パントリーから好きなものを摘んでくるのも良いでしょう。
お勧めのフレッシュジュースを頂くというのもいいですよね!
f:id:dragonlady:20171117171442j:image
写真の物はスイカとオレンジ、どちらも絞りたてですごく美味しいです。

帆立のソテーから Stir-Fried Duo Scallop
f:id:dragonlady:20171117171456j:image

もちろん、名物のワンタン麺もあります。
f:id:dragonlady:20171117171728j:image

この日の朝食メニューには記載されていませんが、坦々麺もいただけるときがあります。
f:id:dragonlady:20171117175004j:image


ダンナは、ハンバーガー Braised Beef Cheek
f:id:dragonlady:20171117171734j:image

フルーツプレートもありましたので頼んでみました。
f:id:dragonlady:20171117171502j:image


3回にわたってお伝えしてきたキャセイパシフィック航空のラウンジ
どのラウンジもそれぞれに特徴があって、色々楽しめるのが素晴らしいですね。

しかも、とても航空会社のラウンジとは思えないくらいクオリティが高い!

香港に来るたびに、ラウンジに立寄るのが楽しみです。
まだ行った事がないラウンジもありますので、今後ひとつずつ回ってみたいと思います。


香港国際空港 キャセイパシフィック航空
 ビジネスクラスラウンジ ザ・ピア
 (The Pier, First 玉衡堂头等贵宾室)
場所 6階、ターミナル1の63番ゲート付近
営業 05:30-00:30

香港国際空港 キャセイパシフィック航空ラウンジ② ザ・ブリッジ(The Bridge)

香港国際空港で利用したキャセイパシフィック航空のラウンジ
今回はビジネスクラスラウンジ、ザ・ブリッジの紹介です

キャセイパシフィック航空のラウンジ
〇ファーストクラスラウンジ
 ・ザ・ウィング(T1、1-4番ゲート付近) 
 ・ザ・ピア(T1、61-63番ゲート付近)

ビジネスクラスラウンジ
 ・ザ・ウィング(T1、1-4番ゲート付近)
 ・ザ・ブリッジ(T1、35番ゲート付近) ココ
 ・ザ・キャビン(T1、23番ゲート付近)
 ・ザ・ピア(T1、65番ゲート付近)
 ・ザ・アライバル(5階、T1とT2の間)

ザ・ブリッジは、35番ゲート付近にあり、そのすぐ下にはターミナル内の連結シャトルの乗車口もあります。
f:id:dragonlady:20171117165452j:image

エスカレーターで下に下りると、ラウンジの入口があります。
f:id:dragonlady:20171117165457j:image

受付で搭乗券を提示して中に入ります。
f:id:dragonlady:20171117165504j:image
入口から中に入り、左手に曲がると、このオブジェが見えてきます。
オブジェを右に曲がるとラウンジの中へ

真っ直ぐ進むと、右手にThe Bakeryがあります。
f:id:dragonlady:20171117165511j:image
こちらのラウンジ、ザ・ブリッジには、レストランのザ・ビストロ以外に、なんと焼きたてのパンとピザが食べられるザ・ベーカリーがあるんです。

ザ・ベーカリーの中に入ると、街のパン屋さんのように数々のパンが並んでいます。
f:id:dragonlady:20171117165525j:image

もちろん、パンだけではありませんよ!
f:id:dragonlady:20171117165744j:image
点心も2種おいてありました。

こちらにはホットミール
f:id:dragonlady:20171117165535j:image

サンドイッチにパニーニも
f:id:dragonlady:20171117165543j:image

自分でサンドできるようにカットレタスとトマトも用意されていました。
f:id:dragonlady:20171117165556j:image

エッグタルトにミニパイナップルパン
f:id:dragonlady:20171117165607j:image
これどっちも激ウマでした!

焼きたてのピザ2種
f:id:dragonlady:20171117165606j:image
このピザは大人気ですぐになくなりますが、どんどんと焼きたてが補充されます。

サラダにコールドミール
f:id:dragonlady:20171117165612j:image

フルーツにフレッシュジュースも
f:id:dragonlady:20171117165618j:image

美味しいと評判のエッグタルト
f:id:dragonlady:20171117165624j:image
ここ、ザ・ブリッジのザ・ベーカリーでしか味わえないタルト

何度も香港のキャセイラウンジに来ているのに、ここに美味しいパンが揃っているとは知りませんでした。

パン好きにはたまらないラウンジですね!

次のブログでは、ザ・ピアをご紹介します。


香港国際空港 キャセイパシフィック航空
 ビジネスクラスラウンジ ザ・ブリッジ
 (The Bridge 逸连堂)
場所 5階、35番ゲート付近
   ターミナル内の連結シャトル乗車口付近
営業 05:30-00:30

 

香港国際空港 キャセイパシフィック航空ラウンジ① ザ・ウィング(The Wing, First)

10月に行った香港旅行の帰り、香港国際空港にあるキャセイパシフィック航空のラウンジを回ってきましたので、その時の様子を数回に分けてお伝えいたします。

まず始めに、キャセイパシフィック航空の本拠地でもある香港国際空港
さすがお膝元だけあって、沢山の個性的なラウンジがあります。

〇ファーストクラスラウンジ
 ・ザ・ウィング(T1、1-4番ゲート付近)ココ
 ・ザ・ピア(T1、61-63番ゲート付近)

ビジネスクラスラウンジ
 ・ザ・ウィング(T1、1-4番ゲート付近)
 ・ザ・ブリッジ(T1、35番ゲート付近)
 ・ザ・キャビン(T1、23番ゲート付近)
 ・ザ・ピア(T1、65番ゲート付近)
 ・ザ・アライバル(5階、T1とT2の間)

キャセイはターミナル1(T1)を利用していますので、当然ラウンジもほとんどがT1内の制限エリアにあります。

唯一、ビジネスクラスラウンジのザ・アライバルのみ、到着後に利用できるラウンジとなりますので、制限エリア外となります。

まず最初に、出国審査場を出てすぐ左手にありますザ・ウィングの様子から
f:id:dragonlady:20171117125640j:image

入口にある受付で搭乗券を提示してから中に入ります。

まず見えてきたのがこちら、ザ・シャンパン・バー
f:id:dragonlady:20171117125701j:image

ウェルカムドリンクとして、プレミアムシャンパンが用意されています。
f:id:dragonlady:20171117125707j:image

このとき用意されていたのはこの3種
f:id:dragonlady:20171117125719j:image
左:モエ・エ・シャンドン ブリュット・アンペリアル・ロゼ
中:ヴーヴ・クリコ・イエローラベル・ブリュット
右:バロン・ド・ロスチャイルド・ブラン・ド・ブラン

お酒苦手なので、味見程度に注いでいただき乾杯!
f:id:dragonlady:20171117125730j:image

ザ・シャンパン・バーで乾杯をした後、先に進んでいくと右手には駐機場が見える大きな窓のあるカウンターが見てきます。
f:id:dragonlady:20171117125642j:image
こちらにはチーズやチョコレートなどがたくさんおいてあるカウンターがありました。

そして左手にはレストラン「ザ・ヘイブン」があります。

こちらにも色々な食べ物が並んでいました。
f:id:dragonlady:20171117125745j:image

カット野菜にサラダ、コールドミール各種
f:id:dragonlady:20171117130243j:image

ホットミールに点心、デザートも
f:id:dragonlady:20171117130245j:image

スープにパン各種、チーズにミニケーキ各種
f:id:dragonlady:20171117130250j:image

マンゴープリンにカットフルーツ
後に蓮の葉ご飯とシュウマイも追加されていました。
f:id:dragonlady:20171117130254j:image

こちらのレストランには、バッフェ以外にもオーダーメニューもあります。
f:id:dragonlady:20171117125808j:image

折角ですので注文してみましょう。

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み(紅酒烩牛臉頬)
f:id:dragonlady:20171117125840j:image

ローストチキン(焼春鶏配酸果酒汁)
f:id:dragonlady:20171117125845j:image

食後に水をお願いしたら、なんとアクアパンナのミネラルウォーターが出て来ました。
f:id:dragonlady:20171117125856j:image

制限エリア入ってすぐと言うこともあり、レストランもバッフェもかなり込んでいましたが、従業員がテキパキと対応をしてくれるおかげか、とてもスムーズでした。

こちらのザ・ウィングといえば、有名なのがカバナ!
シャワー室だけでなく、バスタブとデイベッドも用意された個室で、全5室用意されています。

今回は、他のラウンジも回りたかったので利用しませんでしたが、次回は行って見たいと思います。

次のブログでは、ザ・ブリッジ(The Bridge)の様子をお伝えいたします。


香港国際空港 キャセイパシフィック航空
 ファーストクラスラウンジ ザ・ウィング
 (The Wing, First 寰宇堂头等贵宾室)
場所 7階、ターミナル1の1-4番ゲート付近
営業 05:30-最終出発便まで

羽田空港国際線 ANAスイートラウンジ DINING h

 今月(11月)、羽田空港にあるANAスイートラウンジを利用しましたので、その時の様子をお伝えいたします。

ANA のスイートラウンジは、羽田空港の国際線制限エリア内に2箇所あります。
・110番ゲート付近(5:00-25:00)
・114番ゲート付近(6:30-13:30)

今回は、DINING hも楽しみたかったので、110番ゲート付近にあるスイートラウンジへ行ってみました。

入口はこちらから
f:id:dragonlady:20171117135142j:image

一つ上の階(4階)へエスカレータで上がるとラウンジの入口があります。
f:id:dragonlady:20171117125153j:image

※ここでおさらい
 ANAには「ANAラウンジ」と「ANAスイートラウンジ」の2種類あります。

 対象となるお客様について、下記リンク先より確認をお願いします。
  ラウンジ[国際線]|Service & Info[国際線]|ANA


まずはラウンジの入口にある受付で、搭乗券を提示してから中に入ります。

空いている席に座ると、すぐに係員がやって来て飲み物の確認があります。
折角ですので、ここはシャンパンをいただく事に。

お絞りと共に、なみなみに注がれたシャンパンがやって来ました。
f:id:dragonlady:20171117125205j:image

今回頂いたシャンパンはこちら(中央の瓶)
f:id:dragonlady:20171117125212j:image
シャンパーニュ アヤラ ブリュット・マジュール

飲み物以外にも食べ物が色々と揃っています。
f:id:dragonlady:20171117125544j:image
右下の写真に写っているメニューは、オーダーして作っていただくもの
(今回は、DINING hを楽しむ予定ですので注文はしていません)

さてそのDINING hですが、ラウンジの一角を区切ったところにあります。
普段はこのように「準備中」の看板があり中に入ることができません。
f:id:dragonlady:20171117125219j:image

ダイニングhの営業時間は、19:30-00:30
その5分前になると、このような看板が出て来ました。
f:id:dragonlady:20171117125225j:image

時間になると、順番に席に案内をいただけます。
先ずはメニューを拝見
f:id:dragonlady:20171117125232j:image
四角の枠で囲われているところが、限定メニュー(一人1品まで)
係りの方に聞いたところによると、限定メニュー2種は各20食づつ用意されているとのことですので、どうしても食べたい方は早めにいかれた方が良いと思います。

それ以外に、ANAオリジナルパフェもあるようですね~
f:id:dragonlady:20171117125239j:image

で注文したのはこちら
限定メニュー(11月)より
もとぶ牛ロースステーキ 浜比嘉島大粒塩とともに
f:id:dragonlady:20171117125246j:image
各メニューには、上の写真のようにご飯、お味噌汁、香の物をつけることができます。

もとぶ牛のステーキ、焼き加減も良いですね~!
f:id:dragonlady:20171117125255j:image

ダンナも一緒でしたので、もう一つの限定メニューも注文

島豆腐ステーキとあぐー豚年輪焼き
f:id:dragonlady:20171117125248j:image
お肉がすごくジューシーで柔らかい!

ここからは通常のメニューのご紹介です。

スパイスの香る骨付き鶏腿肉のローストハニーレモンソース
f:id:dragonlady:20171117125301j:image

和風ハンバーグ 半熟玉子と彩り野菜を添えて
f:id:dragonlady:20171117125310j:image

メカジキの煮付け
f:id:dragonlady:20171117125322j:image

牛玉子とじ
f:id:dragonlady:20171117125316j:image

酸辣湯麺
f:id:dragonlady:20171117125306j:image

そして、「THE CONNOISSEURS」のパティシエがプロデュースするANAオリジナルのパフェも頂いちゃいました。

11月 ANAオリジナルパフェ 沖縄
f:id:dragonlady:20171117125327j:image
こちらのオリジナルパフェも限定数となりますので、お早めに行かれることをお勧めします。

どれもとても美味しくて、航空ラウンジではなくレストランで頂いているような感じでした。

JALのファーストクラスラウンジにも、目玉商品として握り寿司や牛ミスジステーキがありますが、ANAのDINING hのクォリティを思うと、もっと頑張って欲しいですね!