美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。記載の記事内容についての詳しい旅行記などは、アメブロに掲載していますので、こちらもご参考ください。 ※http://ameblo.jp/dragonlady27/

羽田空港国際線 ANAスイートラウンジ DINING h写真付メニュー(2018年2月)

週末に羽田空港にあるANAスイートラウンジのDINING h に行ってまいりました。
既に2月下旬となってしまいましたが、今月のメニューを写真付で紹介いたします。

過去の写真付メニューはこちらから

dragonlady.hatenablog.com

dragonlady.hatenablog.com

dragonlady.hatenablog.com

今回も前回と同様に金曜日の訪問となりました。
f:id:dragonlady:20171213153121j:plain
前回は30分以上前からラウンジの周りの席が全て埋め尽くされ、20分前に一人の男性が並んだのをきっかけに一気に入口に人が押し寄せ殺気立った雰囲気となっていました。

今回も前回と同様に金曜日だったので、早めにDINING h 近くの席に座って周りの様子を伺っていたんですが、意外と普通な感じで少し安心しました。
それでも、誰かが並べば直ぐにいけるように様子を伺っている、という張り詰めた空気は伝わってきていました。
f:id:dragonlady:20180219112241j:image
そして5分前になると急に人が集まってきて、あっという間に長い列が出来てしまい、すぐに1順目のお席が満席となりました。

先ずは2月のメニューから
f:id:dragonlady:20180219110832p:plain


こちらが実際にレストランで配られているメニュー
f:id:dragonlady:20180219112257j:image
先ずは限定メニューから
【2月】北海道産国産牛サーロインステーキ
f:id:dragonlady:20180219112316j:image
今回のお肉は、今まで食べた中で一番柔らかくて美味しい赤身肉だったのではと思います。
f:id:dragonlady:20180219112328j:image
【2月】北海道産ホタテ貝、ツブ貝と温かいポテトのサラダ仕立て
     アンティポワーズソース
f:id:dragonlady:20180219112338j:image
拡大した様子がこちら
これ、なかなか美味しかったです!

f:id:dragonlady:20180219112425j:image
ここからは通常メニューとなります。
すでに3回目になりましたので、まとめ写真にしました。
f:id:dragonlady:20180219113005j:image
左上:鶏骨付き腿肉とレンズ豆とベーコンの煮込み
左右:ガラスカレイのソテー オリーブオイルとトマトのプロスバジル風味
左下:牛すき焼き
右下赤魚の煮つけ

そして不動の人気、酸辣湯麺
f:id:dragonlady:20180219112534j:image
いずれのメニューもご飯セット(ご飯、お味噌汁、香の物)またはパンを組み合わせることが出来ます。

限定メニュー以外については、12月、1月に掲載したものと全く変わっておらず同じものでした。
よって今回も通常メニューで実際頂いたのは牛すき焼きと酸辣湯麺の2品のみ。
それ以外の鶏料理と魚料理2品は前々回の写真を流用しております。
(手抜きですみません・・・)


そして2月のANAオリジナルパフェ ブルーベリー
f:id:dragonlady:20180219133343j:image
こちらも限定数となります。
1順目で品切れとなっていましたので、お早めに注文を入れておいた方が良いようです。

因みにここ最近のオリジナルパフェメニューは
 12月 いちご(右上)
 1月 北海道産かぼちゃと夕張メロン風味(左下)
 2月 ブルーベリー(右下)
f:id:dragonlady:20180219112949j:image
贅沢だとは思いますが、3ヶ月続けていくと段々飽きてきてしまいました。
DINING h のメニュー(限定メニュー以外)は、3ヶ月で見直しされますので4月からはもう少し楽しめるかとは思います。

ここでちょっと趣向を変えて、ダイニングエリアにあるヌードルバーのメニューを一部紹介いたします。
昨年から何度かANAスイートラウンジを利用する機会がありましたので、その際に頂いたものをまとめてご紹介します。
決して、一度に食べたわけではありませんよ!(笑)
f:id:dragonlady:20180219133408j:image
左半分のメニューは、ANAラウンジのものと同じです。

で今回ご紹介するのは右側のメニューです。
f:id:dragonlady:20180219134956j:image
左上:生バスタ 蟹トマトクリーム
右上:ビーフバーガー
左下:グラタン
右下:海鮮丼

残るは、牛丼とANAオリジナルカツカレーの2品のみとなりました。
ただし、生パスタは時々ソースとかが変わるようです。

さて、今回のANAスイートラウンジで気が付いたことがあります。
デザートにアイスを食べようと思いケースを見てみると、こんな張り紙がしてありました。
上側のハーゲンダッツですが、必ずしも記載通りのフレーバーとは限らず、ある時は抹茶も置いてありました。

こんかいはその下の張り紙に注目です。
ANA×ベジターレ「塩フレーバー アイスクリーム」

f:id:dragonlady:20180219133419j:image
ということで、早速その塩フレーバーを頂きます。
f:id:dragonlady:20180219133456j:image
アイスに塩、絶妙に合うのが不思議ですよね~
こちらも期間限定というかなくなり次第終了だと思います。

11-2月の4ヶ月連続でスイートラウンジを訪問しましたが、残念なことに来月(3月)は仕事の都合で休みが取れず、行けそうにありません。。。
残念ですが、次回は4月になりそうです。
また随時メニュー報告をさせて頂きたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

たまにはJALのメニューも特集しようかな~なんて思うのですが、ANAスイートラウンジほどの目玉がないのが残念です・・・。苦笑

2017年12月 ウォルドルフ・ヒルトン・ロンドン⑦ レストラン オマージュ・グランドサロン(朝食ビュッフェ)

2017年の年末年始で宿泊した、ロンドンのウォルドルフ・ヒルトンのご紹介です。

dragonlady.hatenablog.com


ウォルドルフ・ヒルトンのご紹介の最後は、レストランでの朝食の様子をお伝えいたします。

レストランは1Fの右奥を入ったところにあります。
f:id:dragonlady:20180215100047j:image
入口にはアイオープナーが色々と用意されていました。
f:id:dragonlady:20180215100041j:image
こちらはテイクアウト用にコーヒーと紅茶が用意されています。
f:id:dragonlady:20180215100645j:image
そしてプロセッコもありました。
f:id:dragonlady:20180215100048j:image
栓が開いていない状態で冷やされていました。

レストランの中の様子
f:id:dragonlady:20180215100045j:image
中は意外とこじんまりした感じで、席数もそんなには多くないです。
ただ、朝一で食べに行ったこともあり、混雑はしていませんでした。

中央にあるフードカウンターの様子を見てみましょう。
f:id:dragonlady:20180215100042j:image
こちらにはコールドミールが色々とあります。
f:id:dragonlady:20180215100043j:image
ハムにチーズカット野菜にフルーツ、ヨーグルト各種
f:id:dragonlady:20180215100727j:image
こちらにはホットミールが並んでいます。
ハムにソーセージ、豆にグリル野菜、スクランブルエッグにハッシュポテトもありました。
f:id:dragonlady:20180215100732j:image
目玉焼きにゆで卵、ドライフルーツにナッツ、シリアル各種
f:id:dragonlady:20180215100737j:image
そしてパンコーナーの様子
f:id:dragonlady:20180215095830j:image
パンにデニッシュ、マフィンも色々あります。
f:id:dragonlady:20180215100741j:image
バター2種、そしてハチミツとNutellaも小分けのパックがいいですね。
f:id:dragonlady:20180215095913j:image
そしてオムレツ・ステーションもあります。
f:id:dragonlady:20180215095938j:image
中に入れる具材も色々とあります。
f:id:dragonlady:20180215095949j:image
こちらがミックスオムレツ
f:id:dragonlady:20180215095958j:image
全ての具を入れてもらったら、ものすごいボリュームに!!
ダンナと半分ずつ頂きました。

それ以外に頂いたもの
f:id:dragonlady:20180215095841j:image
こちらはケチャップにマスタード、マヨネーズ、ハチミツなど、殆どの調味料が全て小分けの瓶またはパックに入っているので、衛生的だしとっても使いやすかったです。

翌日もこちらで朝食を頂いたのですが、内容は全く変わらなかったので、それ以降は食べにすら行きませんでした。

普段は1滞在1泊でホテルをホッピングしていることもあるため、同じ朝食も単純だと2回で飽きるということが分かりました。笑


Waldorf Hilton London
Aldwych, London WC28 4DD, United Kingdom
TEL  +44-207-836-2400
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
http://hiltonhotels.jp/hotel/london/the-waldorf-hilton-london

2017年12月 ウォルドルフ・ヒルトン・ロンドン⑥ エグゼクティブラウンジ(朝食)

2017年の年末年始で宿泊した、ロンドンのウォルドルフ・ヒルトンのご紹介です。

dragonlady.hatenablog.com


エグゼクティブ・ラウンジ、3つ目のご紹介です。
f:id:dragonlady:20180213164302j:image
ラウンジの営業時間は、06:00-23:00
・Breakfast     07:00-10:00
          (Weekends -11:00)
Afternoon Tea   14:00-17:30
・Exening Canapes  18:00-20:30

今回は朝食の様子をお伝えいたします。
f:id:dragonlady:20180215094852j:image
先ずはフードカウンターの様子から
f:id:dragonlady:20180215095319j:image
ドライフルーツにナッツ、そしてマスタードケチャップ・マヨネーズは小さい小瓶での提供となっていました。
f:id:dragonlady:20180215095327j:image
ハムにソーセージ、スクランブルエッグ、カットフルーツにチーズ色々
f:id:dragonlady:20180215095335j:image
こっちにはヨーグルトとカップ入りオートミール
f:id:dragonlady:20180215095400j:image
パンにデニッシュ各種、シリアル2種類と箱入り2種類
f:id:dragonlady:20180215095412j:image
フレッシュジュース3種
f:id:dragonlady:20180215095433j:image
一般的なハムや卵料理は大体揃ってはいましたが、なんだか寂しい感じ・・・。
欧米のホテルは大体こんな感じで、野菜少なめなラインナップです。

それはレストランの朝食も同様でした。
その様子は次のブログでお伝えいたします。 


Waldorf Hilton London
Aldwych, London WC28 4DD, United Kingdom
TEL  +44-207-836-2400
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
http://hiltonhotels.jp/hotel/london/the-waldorf-hilton-london

2017年12月 ウォルドルフ・ヒルトン・ロンドン⑤ エグゼクティブラウンジ(アフタヌーンティー)

2017年の年末年始で宿泊した、ロンドンのウォルドルフ・ヒルトンのご紹介です。

dragonlady.hatenablog.com


今回も前回に引き続き、エグゼクティブ・ラウンジのご紹介です。
f:id:dragonlady:20180213164302j:image
ラウンジの営業時間は、06:00-23:00
・Breakfast     07:00-10:00
          (Weekends -11:00)
Afternoon Tea   14:00-17:30
・Exening Canapes  18:00-20:30

今回はアフタヌーンティの様子をお届けします。
f:id:dragonlady:20180215094211j:image
フードプレゼンテーションのアフタヌーンティーは、14:00-17:30の間で長めに時間を取っているところがイギリスらしいです。

それではラウンジの様子を見てみましょう。
f:id:dragonlady:20180215094221j:image
まず手前にあるのがサンドイッチ(4種)
f:id:dragonlady:20180215094240j:image
こちらにはパウンドケーキ3種
f:id:dragonlady:20180215094253j:image
そしてスコーン2種
f:id:dragonlady:20180215094304j:image
たっぷりのクロテッドクリームとストロベリージャム
f:id:dragonlady:20180215094312j:image
いつもラウンジに準備されているフルーツバスケット
f:id:dragonlady:20180215094320j:image
リンゴとバナナが大人気でした。

こんな感じでダンナと半分ずつ頂きます。
f:id:dragonlady:20180215094329j:image
スコーンにサンドイッチ、それに紅茶を合わせていただくアフタヌーンティー
まったりと過ごす午後の時間って、なんだかいいですよね~

次のブログも引き続きエグゼクティブラウンジの様子をご紹介いたします。 


Waldorf Hilton London
Aldwych, London WC28 4DD, United Kingdom
TEL  +44-207-836-2400
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
http://hiltonhotels.jp/hotel/london/the-waldorf-hilton-london

2017年12月 ウォルドルフ・ヒルトン・ロンドン④ エグゼクティブラウンジ(カクテルカナッペ)

2017年の年末年始で宿泊した、ロンドンのウォルドルフ・ヒルトンのご紹介です。

dragonlady.hatenablog.com


今回から3回に分けてエグゼクティブ・ラウンジをご紹介していきます。
f:id:dragonlady:20180213164302j:image
ラウンジの営業時間は、06:00-23:00
・Breakfast     07:00-10:00
          (Weekends -11:00)
Afternoon Tea   14:00-17:30
・Exening Canapes  18:00-20:30

f:id:dragonlady:20180213171310j:image
まず最初にご紹介するのは、1日3回のフードプレゼンテーションの中のイブニング・カナッペです。
夕方18:00-20:30の間、アルコール類と簡単なおつまみが提供されます。

こちらがそのフードカウンターですが、まだ準備中です。
f:id:dragonlady:20180213171317j:image
イギリスと言えば紅茶ですが、こちらラウンジではトワイニングを採用していました。
f:id:dragonlady:20180213171344j:image
その下にある冷蔵庫の中にはソフトドリンクが入っています。
f:id:dragonlady:20180213171358j:image
そしてアルコール色々
f:id:dragonlady:20180213171413j:image
右側に冷やされているのは、BOLLA(PROSECCO)でした。

そしておつまみについては、合計で3日分撮影して来ました。

先ずは1日目から
毎回コールドミール2種、ホットミール2種、チーズの組み合わせとなります。

この日のホットミールは、野菜のフリットとチョリソー
コールドミールは、マスとビーツのサラダでした。
f:id:dragonlady:20180213171735j:image

そして2日目
この日のホットミールは、きのこのフリットイカリングフライ
コールドミールは、ツナのポテトサラダと野菜のマリネ
f:id:dragonlady:20180213171738j:image

そして3日目
ホットミールは、ミートボールとサモサ
コールドミールはビーツのサラダと魚のマリネ
f:id:dragonlady:20180213171741j:image

ホットミール2種とコールドミール2種の組み合わせは、おつまみとしてはちょうど良いのではと感じました。
また毎日内容が変わるのも楽しくでいいですね!


次のブログも引き続きエグゼクティブラウンジの様子をご紹介いたします。 


Waldorf Hilton London
Aldwych, London WC28 4DD, United Kingdom
TEL  +44-207-836-2400
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
http://hiltonhotels.jp/hotel/london/the-waldorf-hilton-london

2017年12月 ウォルドルフ・ヒルトン・ロンドン③ お部屋の紹介(その2)

2017年の年末年始で宿泊した、ロンドンのウォルドルフ・ヒルトンのご紹介です。

dragonlady.hatenablog.com

 前のブログでは実際に宿泊したお部屋の紹介をいたしました。
そして今回も再びお部屋のご紹介となります。

今回は4連泊だったんですが、途中でお部屋を変わった訳ではありません。 
では、なぜ2部屋目の写真があるのか??

最初にチェックインして頂いたのが今回ご紹介するお部屋でした。
ところがこのお部屋に入ったら、部屋中に食べ物の匂いが充満していたんです。

それがあまりにもひどいので、直ぐにフロントのマネージャーに来ていただきました。
来たマネージャーも驚くほど匂いが酷かったため、すぐに別のお部屋を探して頂きました。

その匂いの酷いお部屋がこちら611号室
f:id:dragonlady:20180213170830j:image
私達が実際に宿泊したお部屋の斜め前になります。

フロアーの配置図
f:id:dragonlady:20180213170953j:image
これを見ただけでは分かりませんが、こちらのホテルはロの字型になっていて、1階の中側(ロの内側)にはレストランがあります。

その換気扇から匂いが上がってきているため、内側のお部屋は匂いが入りやすい構造となります。

こちらのお部屋はどうも窓に隙間があるらしく、そこから匂いがお部屋に入り込んでしまったもよう。
この日もハウスキーパーに連絡してすぐに対応するように指示していました。

さてそのお部屋ですが、おおよそのレイアウトはあまり差がありません。
f:id:dragonlady:20180213170854j:image
が、配置が微妙に異なるだけですごく狭く感じるんですよね~

こちらのクローゼット、前の部屋と90℃配置が異なります。
f:id:dragonlady:20180213171006j:image
その為、ベッドルームとの間にクローゼット分の分厚い壁が出来てしまっているんです。

いちおう冷蔵庫の中の様子も
f:id:dragonlady:20180213171019j:image
そしてウェットルーム
f:id:dragonlady:20180213171146j:image
なんだかすごくコンパクトで狭いでしょ?

バスの幅も少し狭い気がします。
f:id:dragonlady:20180213171042j:image
洗面台の上の棚
f:id:dragonlady:20180213171052j:image
そしてベッド
f:id:dragonlady:20180213171145j:image
ベッドの手前にクローゼットとTVがあるため、通りにくいです。
f:id:dragonlady:20180213171114j:image
ホテルの人が言うには、この部屋の方が全体の面積は広いそうなんですが、使い勝手からいえば実際に宿泊したお部屋の方が良かったので、変えてもらえてよかったと思います。


さて次のブログからは、3回に渡ってエグゼクティブラウンジの様子をお伝えいたします。


Waldorf Hilton London
Aldwych, London WC28 4DD, United Kingdom
TEL  +44-207-836-2400
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
http://hiltonhotels.jp/hotel/london/the-waldorf-hilton-london

2017年12月 ウォルドルフ・ヒルトン・ロンドン② お部屋の紹介(その1)

2017年の年末年始で宿泊した、ロンドンのウォルドルフ・ヒルトンのご紹介です。

dragonlady.hatenablog.com


今回は実際に宿泊したお部屋の紹介です。
4泊ともヒルトンのHオーナーズポイントを利用して予約をしています。
もちろんポイント宿泊ですので最安のクイーンゲストルーム。
繁忙期ということもあってか、残念ながらヒルトンのダイヤモンド会員であってもかなりの塩対応でお部屋のアップグレードはありませんでした。

ということで予約どおりのグイーンゲストルーム・・・。
spgに慣れるとかなりガッカリな対応です。

お部屋は6階の608号室
f:id:dragonlady:20180213170338j:image
建物自体が8階建てですので6階ならばまぁまぁの高さとなりますね。

フロアーの配置図(下側の赤丸印)
f:id:dragonlady:20180213170636j:image
お部屋の大きさが分かり辛いのですが、赤丸とその左の横長なお部屋です。

ドアを開けた正面にあるクローゼット
f:id:dragonlady:20180213170356j:image
クローゼットの中
f:id:dragonlady:20180213170512j:image
セーフティーボックスとティーカップセット
f:id:dragonlady:20180213170521j:image
下にある冷蔵庫の中
f:id:dragonlady:20180213170531j:image
上段のスペースは自由に使えるところ

入って右手にあるウェットルーム
f:id:dragonlady:20180213170424j:image
洗面台
f:id:dragonlady:20180213170442j:image
洗面台の右手にあるバスアメニティ
f:id:dragonlady:20180213170450j:image
歯ブラシ等のセットはありませんでした。

バスとトイレ
f:id:dragonlady:20180213170500j:image
バスタブのガラスの仕切りが短いので、シャワーが使いづらいです。
でも湯量と排水は問題なし。

お部屋に入って左手の様子
f:id:dragonlady:20180213170615j:image

クイーンベッド
f:id:dragonlady:20180213170539j:image

デスク周りの様子
f:id:dragonlady:20180213170549j:image
一人がけのソファー
f:id:dragonlady:20180213170606j:image
お部屋のスリッパがないと思ったら、なんとバスローブの中に入っていました。
f:id:dragonlady:20180213170624j:image
窓からの景色
f:id:dragonlady:20180213170646j:image

次のブログではもうひとタイプのお部屋をご紹介します。 
なぜもう一つ部屋の写真があるのか??
それには事情があったんです。


Waldorf Hilton London
Aldwych, London WC28 4DD, United Kingdom
TEL  +44-207-836-2400
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
http://hiltonhotels.jp/hotel/london/the-waldorf-hilton-london