美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。記載の記事内容についての詳しい旅行記などは、アメブロに掲載していますので、こちらもご参考ください。 ※http://ameblo.jp/dragonlady27/

神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ④ シェラトンクラブ(ティーサービス)の紹介

先日宿泊した神戸ベイシェラトンのご紹介をしています。

dragonlady.hatenablog.com


今回はシェラトンクラブの様子をお伝えいたします。
f:id:dragonlady:20170922175532j:image

場所は、ホテルの19階になります。
f:id:dragonlady:20170919150353j:plain

こちらがシェラトンクラブのラウンジのご案内
f:id:dragonlady:20170919150428j:plain
営業時間(07:00-23:00)
 07:00-21:00 チェックイン/チェックアウトサービス
 07:00-10:00 朝食サービス
 10:00-22:30 ティーサービス
 17:00-19:00 トワイライトサービス
 20:00-22:30 イヴニングサービス

トワイライトサービスは、ビール、ワイン、カクテルなどの飲み物に加え冷製オードブル・チーズがあります。

イヴニングサービスでは、ブランデー、ポートワイン、スコッチウィスキー、バーボン、ジュース、コーヒー・紅茶とスナックがあります。

これ以外にも、ビジネスサポート(コピー・FAX・プリントアウト等)サービス、フィットネス&スポーツ「ザ・ベイクラブ」の無料利用もありました。


それではティーサービスの時の様子を見てみましょう。

まずは、ラウンジに入った正面の様子から
f:id:dragonlady:20170922172804j:image
この手前右側に受付があります。

入って左手の様子
f:id:dragonlady:20170922172830j:image

そして右側の様子
f:id:dragonlady:20170922172850j:image

さらに、入って正面の向うにはテラス席もありました。
f:id:dragonlady:20170922172926j:image

正面のカウンターにはスナックが色々と置いてあります。
f:id:dragonlady:20170922173020j:image

アマンドにトライフルーツ、ミックスナッツ
f:id:dragonlady:20170922173049j:image

こっちはクラッカーにクッキー
f:id:dragonlady:20170922173104j:image

15時ごろになるとマカロンのタワーもやってきました。
f:id:dragonlady:20170922173258j:image

そしてクラッカーにジャムも
f:id:dragonlady:20170922173329j:image

ホットドリンク(紅茶2種・烏龍茶・ジャスミン茶
f:id:dragonlady:20170922173120j:image
中華系のお客様が多いのか、お茶が中国産のものでした。

下の冷蔵庫にはソフトドリンクがありました。
f:id:dragonlady:20170922173140j:image

こちらにもオレンジジュース・リンゴジュース・烏龍茶が
f:id:dragonlady:20170922173158j:image

コーヒーマシーン
f:id:dragonlady:20170922173248j:image

普段は比較的空いているので、のんびりとスナックを摘みながら飲み物を頂いて過ごすことができました。

季節によっては、テラス席もいいですね!

次のブログでは、クラブラウンジのトワイライトサービスの様子をお伝えいたします。


神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
神戸市東灘区向洋町中2-13(六甲アイランド
電話 078-857-7000(代表)
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
総部屋数 270室
http://www.sheraton-kobe.co.jp/

神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ③ Garden Cafe 朝食の紹介

先日宿泊した神戸ベイシェラトンのご紹介をしています。

dragonlady.hatenablog.com


今回は朝食を頂いたレストランの様子をご紹介いたします。

spgプラチナ会員は、特典として無料の朝食が付いています。
f:id:dragonlady:20170922145035j:image

場所はホテル1階にある、ガーデンカフェ
f:id:dragonlady:20170922145039j:image
受付で先ほどの朝食券を提示して中にご案内頂きました。

かなり混雑していましたが、タイミングがよかったのか待たずに席までご案内いただけましたが、時間によっては並ぶこともあるそうですので、時間に余裕を持っていかれることをお勧めします。

さて、沢山並んでいるお料理をざっとご紹介しましょう。
f:id:dragonlady:20170922145159j:image

ホットミール色々
f:id:dragonlady:20170922145937j:image

玉子にハッシュポテト、お漬物各種、ハム・ソーセージ
f:id:dragonlady:20170922150001j:image
左上の玉子はゆで玉子、左下の玉子は温泉玉子

さらにエッグステーションではオムレツのオーダーもできました。
f:id:dragonlady:20170922155149j:image

上のエッグステーションの左手にパンコーナーがあるんですが、そっちにまで列がつながっているため、パンコーナーの所の写真を撮ることができませんでした。

こちらのロールパン、竹炭パン、抹茶パン、米粉パン以外にも色々とあったんですけど・・・。苦笑
f:id:dragonlady:20170922155218j:image

左上:オニオンスープ、右上:お粥、左下:お味噌汁
右下:フレンチトースト
f:id:dragonlady:20170922150038j:image

左上:新鮮野菜のしゃぶしゃぶ、豆腐、海苔に納豆も
f:id:dragonlady:20170922150218j:image

煮物・魚フライ・しゅうまい・ミニ肉まん、
しょうが焼きにチキンのクリーム煮
f:id:dragonlady:20170922150118j:image 

こっちのコーナーにはコールドミール各種
f:id:dragonlady:20170922152949j:image

クリームチーズ、トマトとアボカド、ポテサラ、サラミハム
カット野菜色々、デザートにケーキも沢山ありました。
f:id:dragonlady:20170922150125j:image

こちらには、朝カレーなるものも
f:id:dragonlady:20170922145200j:image

カットフルーツ各種、ヨーグルト
f:id:dragonlady:20170922150412j:image

フレッシュジュースも色々
f:id:dragonlady:20170922150539j:image

アイスクリーム2種(カシス、チョコレート)
f:id:dragonlady:20170922150745j:image

調子に乗って色々とのせてきてしまいました。
f:id:dragonlady:20170922150831j:image

気になっていた朝カレーもダンナと半分ずつ頂きます。
f:id:dragonlady:20170922152930j:image
このカレー、サッパリしているんですがこれがすごく美味しい!

もちろん食後のデザートにアイスクリームも!
f:id:dragonlady:20170922152919j:image
混雑していますが、お料理の品数もすごく豊富で大満足の朝食となりました。


次のブログでは、シェラトンクラブのラウンジの様子をお伝えいたします。


テラスレストラン ガーデンガフェ
神戸ベイシェラトン1階
営業時間(06:30-22:00)
 06:30-11:00 朝食バイキング
 11:30-14:30 ランチバイキング
 17:30-21:30 ディナーバイキング
※土日祝及び繁忙期のランチ・ディナーは2部制
http://www.sheraton-kobe.co.jp/restaurant/garden/


神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
神戸市東灘区向洋町中2-13(六甲アイランド
電話 078-857-7000(代表)
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
総部屋数 270室
http://www.sheraton-kobe.co.jp/ 

神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ② お部屋の紹介(クラブデラックス・ツインルーム)

神戸旅行で宿泊した、神戸ベイシェラトン
今回は実際に宿泊したお部屋の紹介です。

こちらのホテルの客室は5種のフロアに分かれており、全270室となります。
シェラトンフロア
 ・モデレートツインルーム
 ・デラックスツーンルーム
 ・コーナーツインルーム
 ・コーナーカルテットルーム
 ・プレミアツインルーム
 ・コーナーファミリーカルテットルーム
 ・プレミアファミリーツインルーム
 ・デラックスファミリーツインルームA
 ・デラックスファミリーツインルームB
〇プリファードフロア
 ・ダブルルーム
 ・デラックスキングルーム
 ・デラックスツインルーム
 ・プレミアキングルーム
 ・コーナーツインルーム
〇レディースフロア
 ・ダブルルーム
 ・デラックスツインルーム
 ・コーナーカルテットルーム
 ・プレミアツインルーム
〇スパフロア
 ・ジャパニーズスパスイート
 ・専有露天風呂付和室
 ・モデレートツイン
 ・デラックスツインルーム
 ・デラスツインルーム
 ・プレミアツインルーム
〇クラブフロア
 ・ダブルルーム
 ・デラックスツインルーム ← 今回はここ
 ・デラックスキングルーム
 ・コーナーツインルーム
 ・プレミアキングルーム
 ・クラブジャパニーズスイート
 ・ハリウッドスイート
 ・タワーズスイート
 ・エグゼクティブスイート
 ・プレジデンシャルスイート

それにしても多種多様なお部屋がありますね!

spgプラチナ会員特典で、シェラトンフロアのモデレートツインからアップグレードをいただけました。
こちらのデラックスツインルームのほかに、スイートルームのご提案も頂いたのですが、あいにく喫煙ルームの空気清浄機対応となるため、デラックスツインを選択いたしました。

では、実際に宿泊したお部屋のご紹介をしましょう。
今回のお部屋は、19階の1910号室です。
f:id:dragonlady:20170919153351j:plain

ドアを開けて中に入った様子から
f:id:dragonlady:20170919153340j:plain

すぐ左手にあるウェットフロアの右側にあるトイレ
f:id:dragonlady:20170919153307j:plain

その隣のシャワーブース
f:id:dragonlady:20170919153257j:plain
湯量・排水共にOK

洗面台とアメニティ類
f:id:dragonlady:20170920093617j:plain

その横のバスタブとバスアメニテイィ
f:id:dragonlady:20170919153317j:plain
スポンジに石鹸、角にある白いのは入浴剤です。

まずお部屋の右手にはクローゼットがあります。
f:id:dragonlady:20170919154851j:plain

金庫にパジャマとクリーニング袋
温泉に持っていけるように小さい袋も用意されていました。
f:id:dragonlady:20170919154838j:plain

ホットドリンク類
f:id:dragonlady:20170919154132j:plain

冷蔵庫の中の様子
f:id:dragonlady:20170919154117j:plain

その隣のTVとデスク周りの様子
f:id:dragonlady:20170919154154j:plain

デスクの上にはネスプレッソがおいてあります。
あと、小物入れがあるのがいいですね~
f:id:dragonlady:20170919154107j:plain

そしてツインベッド
f:id:dragonlady:20170919154905j:plain

窓側にあるソファーセット
f:id:dragonlady:20170920093607j:plain

ソファーのテーブルの上も綺麗に並べてあります。
f:id:dragonlady:20170919154927j:plain

清掃も行き届いているし、小物類も沢山準備されていてとても便利。

特に洗面台にあった黄色い袋の中には、基礎化粧品が各種揃っているし顔パックまで準備されているのにはとても驚きました!

f:id:dragonlady:20170919154916j:plain
ダンナは、中に入っていた靴下(中央の一番上)がすごく気にいって、温泉に行くときに履いて行っていました。

細部にいたる細やかな心遣いが感じられますね。

ここまでお部屋の紹介をしましたが、次のブログでは朝食会場のご紹介をいたします。


神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
神戸市東灘区向洋町中2-13(六甲アイランド
電話 078-857-7000(代表)
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
総部屋数 270室
http://www.sheraton-kobe.co.jp/

神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ① ホテルの紹介

神戸旅行の際に神戸ベイシェラトンに宿泊をしてきましたので、その時の様子をお伝えします。

f:id:dragonlady:20170918171700j:plain

場所は、六甲ライナーのアイランドセンター駅に直結しています。
f:id:dragonlady:20170919150254j:image
JR三ノ宮駅からは約20分、JR大阪駅からは30分

こちら駅からのホテルへの入口になります。
f:id:dragonlady:20170918171650j:plain
雨にでも濡れずにホテルにいけるのは便利ですね!

こちらのホテル、シェラトンというspg(スターウッドホテル&リゾート)の中のブランドホテルなんですが、ホテルの経営自体は㈱ホテルニューアワジが行なっています。

もともとは投資会社ローンスターの運営会社、ソラーレホテル&リゾーツが所有し1992年6月25日に開業したのですが、2012年12月1日に㈱ホテルニューアワジが全株式を買収し、土地建物を含め譲渡し現在に至っています。

現在の総支配人である三輪谷氏は、リーがロイヤルグループからの転進で、㈱ホテルニューアワジ初の都心型ホテル初進出の挑戦をサポートして入るそうです。

三輪谷総支配人、私がホテルに滞在している間も、色々なところで普通の従業員に混じって元気に働いている姿を何度も目にしました。

初めは総支配人だとは知らなかったのですが、レストランマネージャーに教えていただき、とてもビックリしました!

ホテルの支配人というと、普通は事務所とかにいてお目にかかることなんて殆どないんですが、こんなに身近なところで働いてにみえる方は初めてかもしれません。

そしてこちらのホテルですごく感心したのは、フロントやクラブラウンジ、そしてレストランにベルと、ホテルの従業員同士のコミュニケーションが良く取れていて、チームワークも抜群でした!

一人に何かをお話すればそれが皆に伝わっていて、色々とお願いとかし易くてとても助かります。

チーム一丸となって、という雰囲気がありありと分かり、本当に関心いたしました!

このホテルにはもう一つ大きな特徴があります。
それは、ホテルの中に天然温泉施設「神戸六甲温泉・濱泉(はまいずみ)」があること。しかも宿泊者は滞在中無料で利用できます。
f:id:dragonlady:20170918171627j:plain
こちらの濱泉の詳細については、後のブログでご紹介をさせて頂きますね。

そしてホテルの17~20階がクラブフロアとなります。
f:id:dragonlady:20170919150353j:image
ホテルの中のホテルといわれる特別フロアで、ホテルの高層階に位置し、北側からは六甲山の1000万ドルの夜景も楽しむことができます。

19階にある専用ラウンジでチェックイン・チェックアウトサービスの他、ドリンクや朝食などもこちらのラウンジで利用することができます。
また、17・18・20階からは神戸六甲温泉「濱泉」と宿泊フロアをダイレクトに結ぶ専用エレベーターもあり、こちらは浴衣と専用スリッパで温泉に移動することができます。

シェラトンクラブのご案内
f:id:dragonlady:20170919150428j:image
こちらのシェラトンクラブラウンジについても、後のブログで詳しくお伝えいたします。


この神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズは、今年25周年を迎えています。
これからも明るくて心温まるホテルでいて欲しいですね!

次のブログでは、実際に宿泊したお部屋の紹介をいたします。


神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
神戸市東灘区向洋町中2-13(六甲アイランド
電話 078-857-7000(代表)
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
総部屋数 270室
http://www.sheraton-kobe.co.jp/

しゃぶしゃぶ 紺 kou 東町本店

前のブログでご紹介をしました、沖縄の鉄板焼ステーキレストラン 碧の姉妹店
しゃぶしゃぶの紺 kouをご紹介します。

こちらのお店は、もともとは居酒屋「とりひろ」だったんですが、業態を改め専門店として再出発し、店名も「紺 kou」に変更となりました。
※とりひろは、那覇松山店は今でも営業しています。
  http://www.torihiro.net/tenpo/matsuyama.html


その頃からの人気メニュー、久米島銘柄鶏を使ったお料理に加え、沖縄県産和牛や沖縄の伝統的豚あぐーを使用したお料理も新に加わったとのこと。

昨年の夏に沖縄に来た時にこの居酒屋「とりひろ」に行ったんですが、そこが新たに紺 kou に変わったということで、気になって行ってみることにしました。

お店の外観がこちら
f:id:dragonlady:20170918142959j:plain
うふふっ、前のブログでご紹介した碧の使いまわしです。笑

というのもこの建物の左側が碧、右側が紺なんです。

こちらが紺 kou の入口
f:id:dragonlady:20170918153720j:plain

こちらがランチメニュー
f:id:dragonlady:20170918153651j:plain

上の裏側にあるメニュー
f:id:dragonlady:20170918153701j:plain

散々迷って、今回は琉球島豚 あぐー豚しゃぶしゃぶ御膳を注文!

まずは、ドリンク(シークヮーサージュース)
f:id:dragonlady:20170918153641j:plain

小鉢と漬物、そしてしゃぶしゃぶの薬味
f:id:dragonlady:20170918153631j:plain

つけだれ2種、ご飯も頂きます。
f:id:dragonlady:20170918154029j:plain

ご飯は白米とジューシーの2種類あり、いずれもお代わりできます。(混ぜてのお替りも可)
f:id:dragonlady:20170918153949j:plain

やって来ました~、お肉と野菜セット(一人前)
f:id:dragonlady:20170918155555j:plain
一人用の紙の小鍋もお願いできますが、二人だと真ん中が分かれているお鍋もあります。(写真の上側参照)

あぐー豚がすごく美味しいので、調子に乗って久米島赤鶏も追加!
f:id:dragonlady:20170918154003j:plain
軽く炙ってあるものがやってきたのですが、このままでも食べられるほど新鮮です。
(はい、一切れだけそのまま頂きました。笑)

さらに、鶏ミンチも追加!
f:id:dragonlady:20170918154017j:plain
すごくジューシーで美味しいです!

食後のデザート、ロールケーキとコーヒーも付いていました。
f:id:dragonlady:20170918154511j:plain

大満足のランチでした!


しゃぶしゃぶ 紺 kou 東町本店
沖縄市東町19-25
電話 098-917-3200
営業 11:00-23:00 (LO.22:00)
   ※ランチタイム 11:00-14:00
年中無休
http://kou.okinawa/tenpo/higashimachi.html

 

鉄板焼ステーキレストラン 碧 heki 東町本店

沖縄グルメの一つでもあるステーキ、今回は沖縄に本店のある鉄板焼きステーキレストランをご紹介いたします。

沖縄には、アメリカの食文化の影響から沢山のステーキレストランがあります。
飲んだあとの締めにはラーメンではなくステーキといわれるほど、一般的なステーキ。

その中でも、女性のみで店舗を運営しているので有名なこちらのお店に行ってきまし。

鉄板焼ステーキレストラン 碧 heki
f:id:dragonlady:20170918142959j:plain
碧では、鉄板焼きは鉄板を解して美味しく調理することや楽しい語らい、そして華やぎ・細やかなサービスなど、全てはお客様に満足をしてもらうために、あえて女性スタッフでお店を運営しているそうです。

そのこだわりは、最高の牛肉、旬の野菜、塩や水に至るまで、ひとつひとつ厳選されたものを使用しているとのこと。
またそれは器についても、地元の琉球ガラスや陶器を使用するというこだわりようで、
細部に至るまで寛ぎの食空間を演出しています。

その一つがこちらの紺色の器
f:id:dragonlady:20170918141725j:plain
陶芸家 久場政一氏の作品です。

こちらがディナーのメニュー
f:id:dragonlady:20170918141713j:plain
ステーキは全てコース料理になっていますので、右側のページのメインを選ぶだけで、左側のお料理が色々とセットされます。

この日は一年ぶりに再会した知人と共に
f:id:dragonlady:20170918145501j:plain

まずは、先付けとサラダ
f:id:dragonlady:20170918141701j:plain

色々なお野菜が順番に焼かれていきます。

鉄板の右側には、豆腐にたまねぎ・紅芋が焼かれています。
f:id:dragonlady:20170918141651j:plain

左側にはパプリカとシメジも、ジュー!
f:id:dragonlady:20170918142946j:plain

お豆腐とパプリカが出来上がってきました~!
f:id:dragonlady:20170918142936j:plain

お野菜を食べている間に、こんどは久米島車海老がジュー!
f:id:dragonlady:20170918142926j:plain

車海老も食べやすいように一度殻を剝いてから盛り付けてあります。
f:id:dragonlady:20170918150312j:plain


そしてお肉もやって来ました~。(3人前)
f:id:dragonlady:20170918142915j:plain

冷めないように半分ずつ焼いて出していただけます。
f:id:dragonlady:20170918145832j:plain
カリカリのガーリックチップとよく合う!

先ほどの車海老、頭の部分もお煎餅になってやってきました。
f:id:dragonlady:20170918145820j:plain

ゴーヤーも程よい苦味がいい
f:id:dragonlady:20170918145810j:plain

最初からじっくりと焼かれていた玉葱も甘~い
f:id:dragonlady:20170918145800j:plain

ご飯はガーリックライスに変更して頂きました。(+税込864円)
f:id:dragonlady:20170918145749j:plain
沖縄豚の中味おすましと共に頂きます。

デザートの沖縄風ぜんざい
f:id:dragonlady:20170918150149j:plain
ふぅ~、お腹いっぱいです!

こちらのお店、鉄板焼のコース料理を注文してもサービス料や個室料金の追加がないので、とても良心的!

また、ディナーでも比較的リーズナブルに頂けるのもありがたいです。


現在、沖縄には次の4店舗があります。
 ・国際通り松尾店
 ・国際通り牧志
 ・新都心おもろまち店(一時休業中)
 ・東町本店

また、東京(銀座三越店)と大阪(うめきた店)にも2店舗あり全国で計6店舗となります。
どのお店も混雑していますので、事前の予約をされれるのをお勧めします。


鉄板焼ステーキレストラン 碧 東町本店
沖縄市東町19-25
電話 098-917-3205
営業 ランチ  11:30-16:00 (LO.15:00)
   ディナー 17:00-23:00 (LO.21:00)
年中無休

www.heki.co.jp

 

ダブルツリー by ヒルトン那覇③ 朝食ビュッフェの紹介(ザ・リバーサイド)

夏休みの旅行で宿泊した、ダブルツリーbyヒルトン那覇
ご紹介の最後は、ホテルのレストランで頂いた朝食ビュッフェのご紹介です。

場所は、ホテルの1階にあるレストラン ザ・リバーサイドです。

最近は海外からのお客様でホテルが満室になることも多いため、朝食会場もかなり混雑しているようです。

そんな時に役立つのがこちら、ヒルトンのHonors会員専用のレーン
f:id:dragonlady:20170915165818j:plain
こちらに並び、ルームキーケースを提示すると優先的に案内してもらえます。
座席も会員専用の区切られた所が奥にあり、そちらにご案内頂けます。

さらにヒルトンのダイヤモンド会員の方は、事前(チェックイン時)に時間を指定して予約をすることができます。
このシステム、急いでいるときはすごく便利です。

ではお料理の紹介をいたします。
f:id:dragonlady:20170915165735j:plain

スクランブルエッグにソーセージ、シリアル
ご当地、沖縄料理も色々な種類が用意されていました。
f:id:dragonlady:20170918140044j:image

おかゆにほうれん草炒め、ししゃも、紅芋のマッシュポテト
f:id:dragonlady:20170918140009j:image

クロワッサンにデニッシュ、ロールパンなど
おいものしゅうまいに焼きそばも
f:id:dragonlady:20170918135956j:image 

フレッシュジュースにミルク、サラダ

カットフルーツ、ヨーグルト
f:id:dragonlady:20170918140111j:image 

ホットドリンクも色々とありました。
f:id:dragonlady:20170915170203j:plain

一番人気のエッグステーションもありました。
f:id:dragonlady:20170915170215j:plain
ここでは、目玉焼きとオムレツが注文できます。

が、大陸からのお客が大勢並んでいるため、タイミングが合わないとかなり待たされることになります・・・。

そして私の一番のお勧めは、この沖縄そば
f:id:dragonlady:20170918140618j:plain
麺ももっちりしていて美味しいので、こちらでは毎回頂きます。

朝食はかなり混雑しますので、時間に余裕を持っていかれるのをお勧めします。


沖縄市東町3-15
電話 098-862-0123
客室225室
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
駐車場 1,500円(税込/1台・1泊)、24時間

www.doubletreenaha.jp