美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。記載の記事内容についての詳しい旅行記などは、アメブロに掲載していますので、こちらもご参考ください。 ※http://ameblo.jp/dragonlady27/

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町① お部屋の紹介(グランドデラックス・コーナーキング)

今年2回目の訪問となるザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町
f:id:dragonlady:20180117105215j:image
因みに前回の宿泊は8月でした。

dragonlady.hatenablog.com

さて、今回は東京で行なわれました2017年JGCFSC同期会に参加するため、会場に近いこちらのホテルを予約しました。

前回はspgポイントを活用しての予約でしたが、今回は気合を入れて有償での予約をしてみました。
そのおかげか、spgプラチナ会員特典の効力を発揮したのか最安のデラックス・キングからなんと、グランドデラックス・コーナーキングにアップグレードして頂けました。

では、そのお部屋を紹介いたします。

各階のエレベーターを降りてお部屋に向うには、この扉のロックをルームキーで解除して中に進みます。
f:id:dragonlady:20180117104721j:image

ちょっとピンボケしていますが、お部屋は3041号室
f:id:dragonlady:20180117104730j:image
フロアーの見取り図(右下の角部屋)
f:id:dragonlady:20180117105150j:image
ドアを開けて中に入った様子から
f:id:dragonlady:20180117104739j:image
お部屋の様子
f:id:dragonlady:20180117104757j:image
右手にあるクローゼット
f:id:dragonlady:20180117104808j:image
クローゼットの中の様子
f:id:dragonlady:20180117105236j:image
右手突き当たりにあるウェットルーム
f:id:dragonlady:20180117104829j:image
シンクはシングルですが、洗面台が広くて使いやすいです。
f:id:dragonlady:20180117104838j:image
ウェットルームに入って後ろ側にあるトイレ
f:id:dragonlady:20180117105238j:image
入って左側にもクローゼットがありました。
f:id:dragonlady:20180117104900j:image
バスルームのバスタブ
f:id:dragonlady:20180117104909j:image
広めの椅子があるのはいいですね。

アメニティはREMEDE
f:id:dragonlady:20180117104917j:image
リビングの窓側にあるデスク周りの様子
f:id:dragonlady:20180117104958j:image
ベッドのあるお部屋の角から見たリビングの様子
f:id:dragonlady:20180117105006j:image
リビングの角にはミニバーコーナーがあります。
f:id:dragonlady:20180117105018j:image
コーナールームと言うこともあり、窓が広く開放感があります。
f:id:dragonlady:20180117105039j:image
窓側にある長いベンチシート
f:id:dragonlady:20180117105052j:image
ベンチシートの再度テーブルには生花を使った飾りつけも
f:id:dragonlady:20180117105101j:image
お部屋はとても広く、しかもコーナールームと言うこともあり前面が窓になっていてとても明るくて開放感がありました。

色々な所に座れる椅子やソファーが配置してあり、とても寛げるお部屋でした。

こちらのお部屋(グランドデラックス・コーナーキング)ですが、HPで調べてみるとなんとホテルでもっとも高級な紀尾井スイートの一部分を利用する場合にこの名称になることが分かりました。

たしかにお部屋の中の壁には、不自然なほど大きな扉があったのを覚えています。

その扉の向こう側にあるのがこのお部屋(HPより)

今回は有償での宿泊とはいえ、ホテル側からの最大限のアップグレードをして頂いたことに感謝したいですね!


さて次のブログでは、数回に分けてエグゼクティブラウンジの様子をお伝えいたします。


ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町
東京都千代田区紀尾井町1-2
電話 03-3234-1111
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
客室 250客室(11スイート)
SPGカテゴリー 7
http://www.princehotels.co.jp/kioicho/

JAL ロンドン線 ファーストクラス⑤ 機内食とアラカルトメニューのご紹介(復路:JL044)

年末年始で搭乗したJALロンドン線ファーストクラス
最後にお届けするのは、帰りのJL044便の機内食です。

でも、私ではなくてダンナが食べた洋食とアラカルトの様子です。^^;
先ずはメニューから
f:id:dragonlady:20180112165530p:plain
そしてこちらがアラカルトメニュー
f:id:dragonlady:20180112165718p:plain
アミューズブーシェ
・帆立のスモーク、ポルトベロマッシュルーム
・タラバ蟹と蕪のヴルーテ
f:id:dragonlady:20180112164443j:image
アペタイザーは次の3種の中から選択
キャビア
バークシャーポーク モッツァレラトマトソース
・スカンピのロースト、バターナッツスカッシュピュレ

キャビアを選択した模様
f:id:dragonlady:20180112164451j:image
メインディッシュは次の3種の中から選択
ビーフステーキのコンフィ ベリグーソース
・コーンフェッドチキン クレイフィッシュソースと根セロリのピュレ
・鱸のフィレ ヤシの芽とフダンソウ

選んだのはビーフステーキの模様
f:id:dragonlady:20180112164500j:image
後で効いたら、焼き加減も良くて美味しかったそうです。

ここでお椀???
洋食なのに???
f:id:dragonlady:20180112164506j:image
とおもったら、なんとパンとご飯の変わりに、アラカルトメニューよりおすすめの一品を選んでいました。

ご当地丼「ロン丼」-サーモン、鮪、烏賊、いくらの海鮮丼-
f:id:dragonlady:20180112164514j:image
写真は普通の海鮮丼ですが、どうも先ほどのアペターザーで出たキャビアを取っておいて、この上の掛けて食べたらしいです・・・。

キャビアのせご飯にすっかりはまったようですね。

デザートは、ラズベリーマスカルポーネチーズケーキとバニラアイスクリームを食べたようなんですが、なぜかそこだけ写真を撮り忘れているようでなかった。

でも後で私がアラカルトのバニラアイスクリームを頂いたので、おそらくはこんな感じではないかと思います。笑
f:id:dragonlady:20180112164521j:image
もちろん、JAL特性のコーヒーと共に頂きました。
f:id:dragonlady:20180112164528j:image
帰りのフライトでも、ずうずうしくこのカップくれないかな~と画策したんですが、よくよく考えてみれば既に荷物が一杯で入る隙間がないことに気がつき、仕方なく断念しました。苦笑

帰りは体調が絶不調で機内食をほとんど楽しむことができなかったのですが、逆に考えるとファーストクラスだったからしっかりと眠ることができ、そのおかげか熱も下がったので、降機するときにはかなり回復できたとも言えます。

堪能できなかった事を理由に、もう一度ファーストクラスに乗りたいと思います。
(凄い言い訳・・・)

JAL ロンドン線 ファーストクラス④ 機内食(和食)のご紹介(復路:JL044)

年末年始に搭乗したJALロンドン線ファーストクラスの機内食のご紹介です。
ここからは復路のJL044でのお話となります。 

ロンドンのヒースロー空港
JL044 (19:00-15:55) LHR-HND
f:id:dragonlady:20180112164710j:image
帰りの座席もファーストクラス ^^
f:id:dragonlady:20180112164722j:image
座席の幅もとても広いですね
f:id:dragonlady:20180112164734j:image
足元もオットマンまで全然足が届かないほど。(短い?)
f:id:dragonlady:20180112164743j:image
まぁここまでは良かったのですが、問題はこれからです。
というのも前日にロンドン市内で行なわれていたニューイヤーパレードをずっと見ているうちに、どうやら凄く体を冷やしてしまったようで夜からかなり体調が悪くなってしまいました。

帰国当日の朝には、高熱でフラフラな状態に・・・。
念のために持ってきた冷却材(冷えピタ)をおでこに貼って解熱剤も飲んでとりあえず寝ます。
ホテルを14時までレイトチェックアウトにしてもらっていたので、出発時間ギリギリまで休んでいました。
が、なかなか体調は戻らず、そのまま搭乗の時間となってしまいました。

後でCAさんに聞いたんですが、搭乗したときにそのまま倒れるのではと思うほど青ざめていてとても心配でした、と・・・。
(たしかに意識もうろうとしていて、細かなことはよく覚えていません)

と言うような最悪の状態でのフライトとなってしまいました。
席についてすぐにリラクシングウェアに着替えてからの出発です。

ヒースロー空港を離陸し、安定飛行に入るとドリンクサービスが始まります。

せっかくのファーストクラスなので、何とか取材をしないとと気合を入れなおします。

まずは、2018年1月1日よりサロンに変わり搭載されたシャンパ
ルイ・ロデレール クリスタル 2009
f:id:dragonlady:20180112164250j:image
そして、ロイヤルブルーティーも
f:id:dragonlady:20180112164300j:image
左がルイ・ロデレール、右がロイヤルブルーティー
f:id:dragonlady:20180112164308j:image
おつまみと共に頂きます。
というか、一口しか食べられない・・・。

これ以上は体調が悪すぎて食べられそうになかったのですが、薬を飲んで休みたかったので、食事は休んだ後で頂くとお断りしてラーメンを頂くことに。

アラカルトメニューより
JAL特製「九州じゃんがら」ヘルシーラーメン
f:id:dragonlady:20180112164322j:image
いや、味はほとんど覚えていません。
一口・二口すすってギブアップ・・・。
残りはダンナが代わりに食していました。

ということで、ベッドを作ってもらい休みます。zzz-

飛行機でこんなに寝たのは初めてかと思うくらい熟睡しました。
大体6時間くらい寝ていたでしょうか・・・。

ふと目が覚めてトイレに向います。
ギャレーに飛行機が綺麗にデコされたものが飾ってあるのを発見!
f:id:dragonlady:20180112164652j:image
ポンタ機長と記念に1枚パチリ!

薬と冷えピタが効いたのか、だいぶ体調が回復してきたので機内食を用意していただくことにしました。
f:id:dragonlady:20180112165503p:plain
なんとなく和食の方を選んでいました。

小皿 五彩
・叩き牛蒡、海老艶煮、黄身寿司
・鯛竜飛巻、紅白膾、いくら醤油漬け
・梨、レモン汁、鴨ロース、フォアグラ鋳込み、辛子
湯葉饅頭、梅人参、隠元
煮しめ、絹さや、こんにゃく、蓮根、椎茸、人参
f:id:dragonlady:20180112164332j:image
お椀 蟹豆腐 西京仕立て 隠元 白髪葱、露生姜
f:id:dragonlady:20180112164340j:image
向付 中トロ炙り、山わさび、ハマチ、プロシュート
預け鉢 帆立と林檎、醤油カラメルソース、トリュフ
f:id:dragonlady:20180112164352j:image
台の物 和牛仙台焼き、揚げパドロンペッパー、
    ホワイトオニオン、大根クレス、シソクレス
飯物  炊きたてのご飯
留め椀 赤だし、粉山椒
香の物 塩昆布、千枚蕪、水菜浅漬け
f:id:dragonlady:20180112164359j:image
甘味 加賀蕃御用達菓子司 森八 ~葛ぜんざい、しば舟~
f:id:dragonlady:20180112164405j:image

体調が悪すぎて、半分も頂くことができず本当に残念・・・。

もっと元気だったら、美味しく楽しめたと思います。
そうすれば、ダンナが食べた洋食も少し摘んだりできたのに・・・。

次のブログでは、そのダンナが食べた機内食(洋食)の様子をお伝えいたします。
その時わたしは気を失っていたのですが、私の携帯で食べたものを撮影しておいてくれました。協力的で助かります。^^

JAL ロンドン線 ファーストクラス③ 機内食とアラカルトメニューのご紹介(往路:JL043)

年末年始で搭乗したJALロンドン便ファーストクラスの機内食のご紹介です。

前のブログでは私が頂いた1回目の機内食(洋食)をご紹介いたしました。
今回はダンナがいただいた和食とアラカルトメニューのご紹介です。
f:id:dragonlady:20180112125640j:image
ダンナは日本発は和食が美味しいというのをどこかで聞きつけてきたので、和食を選択していました。

まずは、季節の小皿 五彩(上段左から)
美明豚の柔らか煮込み
・厚焼き玉子
数の子と冬野菜のお浸し
・鰆と蕪のネギ油和え
・うにとゆば玉豆腐の冷製あんかけ
f:id:dragonlady:20180112130145j:image
お椀 車海老の真蒸椀 雑煮仕立て 三色結びと聖護院蕪すり流し
f:id:dragonlady:20180112130157j:image
海鮮
・山陰松葉蟹 黒酢ジュレがけ
・帆立貝と甘海老の昆布〆 キャビア添え
f:id:dragonlady:20180112130210j:image
台の物 厚切り和牛フィレ肉すき焼き
飯物  炊きたてのご飯(ちりめん山椒)
留め椀 味噌椀、香の物
f:id:dragonlady:20180112130224j:image
甘味
・六本木ぷりん
・和三盆と山椒で仕立てたみかんのコンポートジュレ
 和三盆カラメルのアイスクリーム
・龍銀名物 ピスタチオしたての松風
f:id:dragonlady:20180112155719j:image
和食はデザートが3種類と豪華ですね~!

私も一口ずつ色々食べてみたんですが、機内食なのにお出汁が聞いていてどれも美味しかったです。

この時点で二人ともお腹いっぱいでしたので、しばし休んでからアラカルトメニューを頂くことにしました。

で、こちらかそのアラカルトメニュー
f:id:dragonlady:20180112160551p:plain

まずは麺類から
JAL特製『Japanese Soba Noodles蔦』醤油ラーメン
f:id:dragonlady:20180112151439j:image
若干麺にこしがないのが気になりますが、それでも美味しい

そして以外にヒットだったのがこちら
串盛り合わせ
・牛サーロイン串、もも串(たれ)、ささみ3味串
f:id:dragonlady:20180112151448j:image
私はこの時点でお腹が一杯だったので、ダンナ一人で
福岡県産 海鮮鯛茶漬け
f:id:dragonlady:20180112151456j:image
しばらくして甘いものが食べたくなり、プチデザートを頂きます。
・レアチーズ クレープ包み、モカロール、ストロベリームース
f:id:dragonlady:20180112151506j:image
さらにこんなものもと出していただいたのがこちら
大納言フィナンシェ "S"
f:id:dragonlady:20180112151513j:image
もちろん、JAL Cafe Lines グランクリュカフェのコーヒーも一緒に
f:id:dragonlady:20180112151524j:image
このファーストクラス専用のカップ、持ちやすくていいですね~!
(実は、飛行機を降りる時に1個お土産にと頂いてしまいました)

ずーっと甘いものばかり食べていたせいか、なんだか塩気のあるものが食べたいと話していたら、こんなに沢山出していただけました。
f:id:dragonlady:20180112151539j:image

その後、到着2時間前にお食事の提供があったんですが、お断りして季節のフルーツ盛り合わせのみお願いしました。
f:id:dragonlady:20180112151548j:image
アラカルトメニュー、まだまだ気になるのが幾つかあったんですが、胃袋の方が全然ついていけませんでしたので、早々にギブアップしました・・・。

でも、どのアラカルトも美味しくて、2-3個を組み合わせてご飯の変わりにできるようなものばかりでしたので、あまり食欲がなかったり好きなメニューがなかった場合に入れ替えていただくと言うのもありかも知れませんね。

さて次のブログでは、帰りのフライトの機内食をご紹介いたします。

JAL ロンドン線 ファーストクラス② 機内食(洋食)のご紹介(往路:JL043)

年末に搭乗たJALロンドン線ファーストクラスの機内食のご紹介です。
今回ご紹介するのは、羽田からロンドンに向う便での1回目のお食事となります。

羽田空港と飛び立ち安定飛行に入ると、CAさんがやって来てテーブルをセットし、飲み物と食べ物のメニューを用意してくださいました。
f:id:dragonlady:20180112125525j:image
先ずは飲み物からオーダーします。

JALのファーストクラスといえば、これ
f:id:dragonlady:20180112125547j:image
シャンパーニュ サロン2006
f:id:dragonlady:20180112125555j:image
残念ながらこのサロン、このロンドン線は2018年1月1日よりルイ・ロデレール クリスタル2009に変更となりました。
(ということは、帰りのフライトはルイロデ飲めるのか~)

そして、ノンアルの私には嬉しいスペシャルな高級お茶
f:id:dragonlady:20180112151825j:image
ロイヤルブルーティー "クィーン オブ ブルー"
f:id:dragonlady:20180112125604j:image
左がサロンで右がロイヤルブルーティー
f:id:dragonlady:20180112125614j:image
お酒は苦手ですが、最初で最後のサロンということで、少しだけ頂きました。

飲み物と共に、おつまみもやってきました。
f:id:dragonlady:20180112125626j:image
さて1回目の機内食ですが、私は洋食を選択
f:id:dragonlady:20180112125640j:image
ダンナは和食を選択しましたので、それは次のブログにてご紹介いたします。)

飲み物を飲んでいると、このようにテーブルの上がセッティングがされました。
f:id:dragonlady:20180112125650j:image
まずはアミューズ・ブーシュ
 生からすみと蕪のなめらかなフォンダン
f:id:dragonlady:20180112151629j:image
それと同時にバター、胡椒入り岩塩、オリーブオイルもきます。
f:id:dragonlady:20180112151640j:image
ブレッドは全部で4種
・パン・ド・カンパーニュ
天然酵母バターロール
・国産小麦米粉ピーカンナッツパン
米粉ソフトロール

最初に、バターロールとソフトロールを頂きます。
f:id:dragonlady:20180112151648j:image
でも後で、パン・ド・カンパーニュとピーカンナッツパンも頂いちゃいました。
f:id:dragonlady:20180112151659j:image
アペターザーは次の3種の中から選択
キャビア 卵黄のクリームをあしらいサクサクの最中で
・オマール・ブルー カリフラワーと甘酸っぱいハニービネガーで
・アンディーブ スティルトンと青リンゴ、くるみと共にサラダ仕立てに

せっかくなので、キャビアを選択しました。
f:id:dragonlady:20180112125714j:image
普段もお酒は全く飲まないこともあり、キャビアなんて家では食べたことありません。

恥を忍んで美味しい食べ方を聞いて、その通りに作ってみたのがこちら
f:id:dragonlady:20180112151723j:image
最中がほんとうにサクサクで、卵黄とキャビアの塩気がすごくあって美味しい!

あっ、ダンナのリクエストでキャビアは半分とって置きました。
そしてそのキャビアは、後ほどキャビア丼になりました。笑
f:id:dragonlady:20180112130231j:image
キャビアの塩気、ご飯にこんなに合うとは知りませんでした!

メインデュシュは次の3種から
・黒毛和牛フィレステーキ 贅沢なべりグーソースで
・帆立貝 フレゴラのリゾットと甲殻類のソースで
・鮟鱇 野菜たっぷりのブイヨンに浮かべて

もちろんここは黒毛和牛のフィレステーキです。
f:id:dragonlady:20180112125726j:image
お酢目の焼き加減であるミディアムレアでお願いをしました。
f:id:dragonlady:20180112125740j:image
半分に切ってみると、いい感じの焼き加減でとっても柔らかくて美味しい!

デザートは、モンブラン 栗の花のハチミツの入った牛乳のアイスと、をお願いしましたが、やって来たのはまん丸いチョコレート・・・。
f:id:dragonlady:20180112125752j:image
上の蓋を外してみると、中には綺麗に持った栗のクリームがタップリ
f:id:dragonlady:20180112125805j:image
とても濃厚で美味しかったです!

今まで機内の食事で「美味しい~」と満足したことは一度もなかったんですが、今回はどれもとても美味しくてビックリしました。

また、JALが苦手としているスイーツも、とっても美味しかった。
やればできるじゃん~、俺たちのJAL

お腹がいっぱいになったので、一休みしてからアラカルトメニューに突入することにします。

では、一旦休憩・・・。


さて次のブログでは、ダンナがいただいた1回目の機内食(和食)の内容と、アラカルトメニューのご紹介をいたします。

JAL ロンドン線 ファーストクラス① 機内のご紹介

年末年始の旅行で人生初のファーストクラスに乗りました。
もちろん購入なんて高くてとてもムリですので、貯めたマイルを使用して特典航空券で発券しました。

この年(いくつかはナイショ)になっても『初めて』というのは、本当にワクワクしますね!

(こういうワクワクする経験自体、年々少なくなってきていますが・・・)

さてその日の朝、中部国際空港 セントレアから羽田空港に飛行機で移動します。
年末年始と言うこともあり、制限エリアへ入るセキュリティーチェックの列が、かつてないほどものすごいことになっていてビックリ!(汗)
f:id:dragonlady:20180112125247j:image
出発の1時間以上前に行ったので、最初のうちは『余裕だな~』なんて思っていたのに、列は一向に前に進んで行かない・・・。

ついに優先搭乗の5分前になり焦っていると、『羽田行きの方は手を上げてください!』なんてアナウンスが・・・。

即座に手を上げてアピールしたところ、クルーレーンに連れられていきました。
あぁ、『セントレアにも優先レーン作って欲しい~!!!』って強く願ったのは言うまでもありません。

そして何とかギリギリで搭乗に合い、無事に飛行機は羽田に向けて出発!

羽田空港の国際線チェックインカウンターに立ち寄り、ロンドン行きの手続きを行ないます。
f:id:dragonlady:20180112125311j:image
中部国際空港でも手続きできるんですけれど、記念にこのファーストの紙の搭乗券が欲しくって、あえて羽田空港で手続きをしてもらいました。

ちょっとだけJALのファーストクラスラウンジに立寄って、朝ごはんの時間帯いしか提供されていないガレットを頂きます。
f:id:dragonlady:20180112141411j:image
その後にキャセイパシフィック航空のラウンジにも立寄ります。
f:id:dragonlady:20180112141428j:image
もちろん、坦々麺とワンタン麺、そして玉子焼きじゃなかったフレンチトーストもしっかり頂いちゃいました。^^;
(あっ、あんみつも食べたのバレちゃっている)

そして搭乗ゲートにやって来ました。
〇JL043 (11:30-15:10) HND-LHR
f:id:dragonlady:20180112125323j:image
見慣れたこの看板も、なんだか神々しく見えますね。笑

搭乗開始となりゲートへ進むと、おお~!
これぞ運命の分かれ道。
f:id:dragonlady:20180112125333j:image
ひ、左へ進みましょう。なんだか緊張する・・・。
f:id:dragonlady:20180112125358j:image
通路を進んでいくと、チーフパーサーさんの笑顔で出迎えられました。

そしてこちらが今回の座席
f:id:dragonlady:20180112125409j:image
さすがファーストクラスだけあって、1席当りの専有面積が広いですね。
座席には背あてクッション(枕ではありませんよ)とひざ掛けもセットされています。

サイドボードの上にはヘッドフォンとアメニティーセットがおかれていました。
f:id:dragonlady:20180112125442j:image
アメニティはドイツのプレミアムライフスタイルブランド「ポルシェデザイン」とコラボしたもの

上の写真はHPから拝借しました。
というのも、実はもったいなくてまだ開封していません。苦笑

席についてガサガサとあっちこっちを覗いたり触ったりしていると、ウェルカムドリンクがやって来ました。(ファーストクラスが初めてなのバレバレですね・・・)
f:id:dragonlady:20180112125455j:image
シャンパンとオレンジジュースから選びます。
一緒に布のお絞りもやってきました。

ここはかっこよくシャンパンでといきたいところですが、なにせノンアル夫婦ですので無理をせずにオレンジジュースで乾杯!
f:id:dragonlady:20180112125503j:image
ドリンクを飲みながらまったりと優雅な気分を楽しんでいると、今度はこんなセットがやって来ました。
f:id:dragonlady:20180112125514j:image
機内販売の案内に入国書類、そして機内Wifiの無料クーポン

WiFiの無料クーポンは、24時間利用できるものでした。

濃いピンクの書類は、ロンドンのヒースロー空港で入国審査の際に使えるファストトラック利用券です。
入国はものすごく混雑していて時間がかかると聞いていたので、このファストトラック用紙はありがたいです。
実際にロンドンに到着した時に、一般の列はかなり並んでいて質問も沢山されているようでしたが、ファストトラックの方は数人並んだでいただけで質問も至極簡単なものですぐに終りました。

さて、そうこうしている間に、飛行機は出発時間となりました。

離陸して安定飛行に入ったところで飲み物とお食事のサービスが始まります。
この様子は次回以降のブログにて詳細をお知らせいたしますね。

食事が終り一息ついたところで、お手洗いに行ってみます。
f:id:dragonlady:20180112133003j:image
分かり辛いですが、広さは普通の機内トイレの2倍比較の広さがあって快適です。

トイレに行く時に受取ったリラクシングウェアにも着替えます。
柔らかくて歯ざわりもとってもいいですね。
このウェアは持ち帰れるとのことで、専用の袋も頂きました。

トイレの中にはフィッティングボードもあるので着替えに助かります。

着替えを終えてふとコーナーの飾りつけに目をやります。
f:id:dragonlady:20180112133021j:image
この一言、なんだか嬉しいですね。

そして手を洗って拭こうと思ったら、紙ではなく手拭用に布が用意されていました。
こういうところにもクラス毎の差があるんですね。

そしてドア近くのコーナーには、水ボトルとお酒も準備されていました。
f:id:dragonlady:20180112133025j:image

着替えて席に戻ってくると、ベッドの準備が整っていました。
f:id:dragonlady:20180112133029j:image
写真はダンナの席の様子

シートの上にはJALスカイスイート特別仕様のエアウィーブが敷かれています。
裏と表で硬めと柔らかめになっていたので、私は柔らかめでお願いしました。

このエアウィーブ、とても寝心地が良いしシートも広いので寝返りもできて快適。
おかげで3時間ほどぐっすりと休むことができました。

フライトの残り数時間は、機内エンターテイメントを楽しみながら過ごします。

そろそろ着陸態勢に入ること、担当CAさんが揃ってご挨拶にみえ、その際にお土産を受け取ります。

ジャン=ポール・エヴァンのJALオリジナルショコラ
カロン ソンジュ
f:id:dragonlady:20180112133038j:image
ホテルに到着したあと頂いたのですが、とっても美味しかった!

12時間ちょっとのフライトでしたが、ゆったりと過ごすことができほとんど疲れることもありませんでした。

普段のフライトはエコノミークラスばかり・・・。
それでもたまにビジネスクラスに乗れれば十分だ、ファーストクラスなんてもったいないなどと思っていました。

でもこうして実際にファーストクラスを体験してみると、その素晴らしさ快適さを実感することができ、「また乗りたい!」と思わせるものでした。
(癖になりそうで怖いです)

またマイルを沢山貯めて、ファーストクラスに乗りたいと思います。

さて、ここまでは機内の様子をお伝えして来ましたが、次回からは4回に渡って往復の機内食及びアラカルトメニューについてお伝えいたしますので、引き続き宜しくお願いいたします。
 

函館空港 国内線ビジネスラウンジ A Spring

11月に初めて利用した函館空港
f:id:dragonlady:20180109131730j:image
こちらの空港には航空会社のラウンジはありません。

そこでカードラウンジを利用してみることにしました。
やって来たのは国内線2階の出発ロビーにあるこちら
A Spring
f:id:dragonlady:20180109131737j:image
入口でカードと搭乗券を渡して受付をします。

中は人手一杯・・・。
何とか隅っこの席を確保しましたが、人が多すぎてラウンジの様子を写真に撮ることはできませんでした。

まずは飲み物をいただきましょう。
f:id:dragonlady:20180109131746j:image
右手には冷やしたカップと氷マシーン、ソフトドリンク各種
f:id:dragonlady:20180109131753j:image
生茶午後の紅茶
f:id:dragonlady:20180109131806j:image
コーヒーマシーン
f:id:dragonlady:20180109131810j:image
缶ビールは有料で、自販機より購入できます。
f:id:dragonlady:20180109131816j:image
ここでご紹介したいのが右側いあるスープの機械
f:id:dragonlady:20180109131824j:image
北海道らしく、温かいスープが頂けます。
コーンスープ、ビーフコンソメ、そしてお味噌汁の3種類

コーンスープを頂いたのですが、とっても美味しかった!

こちらのラウンジ、中がとても綺麗だなと思ったら、壁にリニューアルオープンの案内が貼ってありました。
f:id:dragonlady:20180109131834j:image
ソフトドリンクの種類が多くて嬉しいA Spring

函館空港を利用する際は、ぜひこのラウンジも覗いて見てください。


国内線ビジネスラウンジ A Spring
函館空港内 国内線旅客ターミナル2F
営業時間 08:00-19:30
  ※最終便の搭乗時刻に合わせて営業
加盟カード(ゴールド会員等)
 JCBUFJ、NICOS、VJA、TS3、DNS、DC、
 MUFG、LIFE、MI、AMERICAN EXPRESS、
 JACCS、UC、楽天、EPOS、等
 利用の際は受付にて確認をお願いします。
利用料金・・・1,030円(1人、税込)
http://www.airport.ne.jp/hakodate/information/lounge/index.shtml