美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。記載の記事内容についての詳しい旅行記などは、アメブロに掲載していますので、こちらもご参考ください。 ※http://ameblo.jp/dragonlady27/

成田空港 キャセイパシフィック航空 ラウンジ

 先日、成田国際空港にあるキャセイパシフィック航空のラウンジに行ってきましたので、その時の様子をお知らせします。

こちらが入口
f:id:dragonlady:20170707144642j:image
場所は、ターミナル2(エアサイド)となります。
具体的に言うと、出国審査後にJALのラウンジから左側にあるエレベーターで一つ上の階に上がるとすぐ前にあります。

受付で搭乗券を見せて中に入ります。
f:id:dragonlady:20170707144646j:image

カップ麺とカップお味噌汁
f:id:dragonlady:20170707144703j:image

チョコレートとバナナ
f:id:dragonlady:20170707144714j:image

暖かいのみものは、紅茶3種とお茶2種
f:id:dragonlady:20170707144731j:image

おいなりさん
f:id:dragonlady:20170707144804j:image
これ、以外にも海外の方に人気となっていてビックリ!

海苔巻き
f:id:dragonlady:20170707144913j:image

オードブル3種
f:id:dragonlady:20170707144924j:image

デニッシュも3種類とクロワッサン
f:id:dragonlady:20170707144942j:image

おつまみスナックにコートドールのビスケット
f:id:dragonlady:20170707145007j:image

紅茶のケーキにクラッカー
f:id:dragonlady:20170707145020j:image

アイスクリーム(ラムレーズン、バニラ、抹茶)、ピノ
f:id:dragonlady:20170707145029j:image

お酒も幾つかありました
f:id:dragonlady:20170707145116j:image

赤ワインも2種類
f:id:dragonlady:20170707145105j:image

それ以外に、こんなのもありました。
f:id:dragonlady:20170707145049j:image

ビールは2種類
f:id:dragonlady:20170707145130j:image

ソフトドリンク各種
f:id:dragonlady:20170707145143j:image

そして、嬉しいのがボトル入りのドリンク
f:id:dragonlady:20170707145158j:image

キャセイパシフィックラウンジの営業は、7:30-18:00となります。
f:id:dragonlady:20170707145209j:image 

私達が行ったのは16:45頃でしたが、キャセイの出発便が集中している時間帯でもあったため、ラウンジはかなり混雑しておりました。

大半の方が欧米人で、以外にアジアの人が少なかった気がします。

ただ、食べ物・飲み物の補充、そしてテーブルの片付けもしっかりされていたので、込んでいたわりにはそんなにストレスは感じなかったです。

JALのラウンジからも近い距離にありますし、たまには違う航空会社のラウンジに行くのも新鮮で楽しいですね!

 

鹿児島空港 カードラウンジ菜の花、展望デッキ

先日利用した鹿児島空港
レンタカーを少し早めに返却し、空港内を散策してみました。

空港について驚いたこと
なんとお外に天然温泉足湯があります。
この『おやっとさぁ』とは鹿児島弁で「お疲れさま」とか「ご苦労様」という意味だそうです。
f:id:dragonlady:20170703172703j:image
しかも無料で、どなたでも利用することができます。
ちなみにすぐ近くの観光・総合案内所で有料タオルも販売していますので、必要な方は購入してくださいね~。

場所 1F(3番出口横)
営業 9:00-19:30(季節により変更あり)
※おやっとさぁオリジナルタオル 200円

空港の2階にあるカードラウンジにも行って見ましょう。
f:id:dragonlady:20170703172715j:image
やってきたのは、菜の花

このラウンジを使えるカード一覧
f:id:dragonlady:20170703172721j:image
右下の反射しているところはアメックスです。

受付で搭乗券と対象のカードを見せて中に入ります。

先ずは温かい飲み物から
f:id:dragonlady:20170703172740j:image

鹿児島らしく、芋焼酎がありますね!
f:id:dragonlady:20170703172756j:image

こっちにも芋焼酎
f:id:dragonlady:20170703172806j:image

おつまみスナックの、黒糖バナナ
f:id:dragonlady:20170703172820j:image

スイートハートセサミ
f:id:dragonlady:20170703172831j:image

黒糖柿ピー
f:id:dragonlady:20170703172850j:image

ドリップコーヒーにつめたい飲み物
f:id:dragonlady:20170703172859j:image

冷蔵庫にもフレッシュジュースなど各種
f:id:dragonlady:20170703172906j:image

この柚子ドリンクとマンゴージュース、激ウマです!
f:id:dragonlady:20170703172933j:image
すごく濃厚で美味しかったので、おかわりしちゃいました~

スカイラウンジ菜の花
場所 2階南側
営業 7:0-20:00
カード会員以外の人は有料で利用できます。
 ※大人:1,800円、小人:540円


ラウンジで休憩した後は、更に上の階に行ってみましょう。

3階の中央エスカレーターを上がって右手に展望デッキがあります。
f:id:dragonlady:20170703172939j:image

ちょうど、J-AIR(伊丹行)が出発するところでした。
f:id:dragonlady:20170703173001j:image
パイロット2名が、窓を開けてデッキにいる人他たちに手を振ってくれていました。
こういうのって、何気に嬉しいですよね~♪

展望デッキにでると、到着した時に見えた『KAGOSHIMA』の看板がすぐ後ろにありました。
f:id:dragonlady:20170703172652j:image

このデッキの看板の左手からは、航空展示室に入ることができるので、見に行ってみましょう。

ここには鹿児島空港の歴史や、現在就航している航空会社の紹介、そして世界的に有名な航空機のモデルプレーンやパネルも展示しています。

中に入ると大きなプロペラとANA機の尾翼が展示してありました。
f:id:dragonlady:20170703173100j:image

その横には、JACのモック
f:id:dragonlady:20170703173107j:image

中に入って席に座ることもできますよ!
f:id:dragonlady:20170703173125j:image
この写真はCAさんがすわるジャンプシートに座って撮影してみました。

それにしても、この座席古いな~!


中の階段を下りると、2階の出発ロビーに出ます。
f:id:dragonlady:20170703173140j:image
もちろん、こちらからも展示室に入れますよ。

航空展示室 ソラステージ
場所 3階 展望デッキ南側
利用時間 6:30-21:15
 

なかなか楽しめる空港になっていて、とても面白かったです。
鹿児島空港を利用する機会がありましたら、是非色々と楽しんでみてください。
 

さくらさくら温泉③ お食事処の紹介

3回に渡って鹿児島の霧島温泉にある、さくらさくら温泉の紹介をしております。
今回は、今回予約をした日帰りプラン『個室でのんびり ゆったり日帰りプラン』についているお食事のご紹介です。

プランのお食事は『創作料理みやま』と『黒豚しゃぶしゃぶ膳』の2つより選ぶことができます。

今回お願いしたのは『創作料理みやま』です。

受付をした建物にやってきました。
この券売機の後ろがレストランになっています。
f:id:dragonlady:20170703151901j:image

この横からレストランを通過し、その奥にある個室に案内をされます。
中に入ると、和室の椅子席が準備されていました。
f:id:dragonlady:20170703151914j:image
温泉らしく和室もいいんですが、この椅子席だと足が辛くなくて助かります。笑

まずは、かんぱーい!
f:id:dragonlady:20170703151948j:image

 

予めテーブルにセットされていた様子
f:id:dragonlady:20170703151936j:image

小鉢3品
f:id:dragonlady:20170703152004j:image

黒豚入りの鍋
f:id:dragonlady:20170703152010j:image

お造り
f:id:dragonlady:20170703152022j:image

茶碗蒸し(ミニサイズの薩摩揚げが入ってました)
f:id:dragonlady:20170703152042j:image

サクサクの天麩羅盛合せ
f:id:dragonlady:20170703152051j:image

なぜか洋風の鳥料理
f:id:dragonlady:20170703152113j:image

ご飯セット
f:id:dragonlady:20170703152102j:image
もちろんご飯は何杯でもお代わりできます。

食後のデザート(メロンと苺)
f:id:dragonlady:20170703152129j:image
ふぅ~、もうお腹いっぱい!
結構な量があり、美味しくて大満足でした。

さて、先ほどレストランの中を通過して個室にやってきたのですが、そのレストランが大人気なんです。
私達がこのさくらさくら温泉に到着したときも、既にランチに来ている人が沢山待っていました。

通過ついでに、雰囲気を写真に撮ってきました。
f:id:dragonlady:20170703152150j:image
おお~、おかずの出井が沢山ありますね~

サラダコーナーにも色々あります。
f:id:dragonlady:20170703152159j:image 
奥の方にもまだまだあったようです。

このレストランの『さくらヘルシーランチバイキング』ですが、地元の食材を中心とした和洋中のランチバイキングで、30種類のお料理とデザートが食べ放題なんです。
また、ソフトドリンクのフリードリンクも付いていてます。

驚くべきはその価格!
なんと、大人 1,000円/人(子供 800円、幼児(3-5歳) 500円)なんです。

営業
 平日  11:30-15:00(最終入場 14:00)
 土日祝 11:00-15:00(最終入場 14:00)
 ※制限時間 60分

なお、ランチバイキングは予約は出来ませんのでご注意ください。

 
こちら以外にもレストランさくら庵もあり、日帰りプランで頂いたようなコース料理もいただくことができますよ!

お腹いっぱいお食事を頂いた後、一旦お部屋に戻ろうとしたところ入口の従業員のかたに「ウチにもアヒル隊長がいますよ! しかもすごく大きいのですが見ていってください」と奥の座敷にご案内頂きました。

さっそくご対面!
f:id:dragonlady:20170703152223j:image
って、本当に大きくてビックリ!
ヒル隊長、あまりの大きさにかなり緊張しておりますが、やさしい歓迎を受けてとても喜んでいました。

ちなみに、その後で行った鹿児島空港でも霧島温泉大使としてPR活動をしていたアヒル隊長にも出会いました。
f:id:dragonlady:20170703164647j:image
あれれ~っ、ポンタ機長?!

www.sakura-sakura.jp

さくらさくら温泉② 日帰り温泉のご紹介

鹿児島の霧島温泉にあるさくらさくら温泉のご紹介をしています。
続いて、今回私達が予約した日帰りコースをご案内します。

プランは『個室でのんびり ゆったり日帰りプラン』
・入浴料+休憩室料(最大4時間)+お食事をセットにしたもの
このプランでは、レストラン内にある個室を10:00-15:00の間で利用できます。

さらに、これに1,500円/人をプラスすると、客室を11:00-15:00の間で利用できます。
このプランには、本館または別館の客室が利用でき、浴衣とタオルも付いてきます。
また、貸切風呂も利用することができるんですよ!

今回は、お部屋もお借りする『客室利用プラン(4,650円/人)』で予約をしました。

このコースについてくるお食事は、『創作料理みやま』『黒豚しゃぶしゃぶ膳』のいずれかを選ぶことができます。 

では、お借りした客室のご紹介をします。
今回は、さくら館別館のお部屋でした。
f:id:dragonlady:20170703151223j:image

入口正面に貼ってあったさくら館別館の配置図
f:id:dragonlady:20170703151504j:image 

お部屋は、上の矢印のすぐ横
先ずはドアを開けた様子から
f:id:dragonlady:20170703151234j:image

入って右手にお手洗いがありました。
f:id:dragonlady:20170703151247j:image

中に入って右側の押入れの中にはお布団セット
f:id:dragonlady:20170703151300j:image
もちろん、利用することができます。
実際にお借りして、1時間ほどお昼寝をしました。

お部屋にあったお茶セット
f:id:dragonlady:20170703151324j:image
ちゃんとポットの中にはお湯が沸かしてありました。

その横にある冷蔵庫
f:id:dragonlady:20170703151335j:image
中にはビールが2本冷やしてありました。(有料です)

左角には鏡台
f:id:dragonlady:20170703151358j:image

鏡台の隣のたんす
f:id:dragonlady:20170703151414j:image

温泉用の浴衣とタオル・バスタオル
f:id:dragonlady:20170703151435j:image
セットに浴衣一式があるのって、けっこう嬉しいサービスですよね!
大浴場にもお食事にも、この浴衣を着ていきました。

さて、こちらさくら館別館の中には貸切のお風呂が3つあります。
一つ目は内風呂
f:id:dragonlady:20170703151451j:image

そして露天風呂が二つ
f:id:dragonlady:20170703151557j:image

上の看板の右側にある貸切露天風呂
f:id:dragonlady:20170703151650j:image

入るときは入口の『空室』の看板を裏返します。
f:id:dragonlady:20170703151638j:image
もちろん中から鍵を掛けられますので安心して入ることができます。

そしてこちらが左側の貸切露天風呂
f:id:dragonlady:20170703151624j:image
左右の露天風呂は大体同じ大きさです。

この温泉、源泉掛け流しなので湯船には沢山の湯の花が浮いています。
そのため硫黄の匂いが数日残っていて、帰宅した後でもビックリしました!

一緒にやってきた我が家のアヒル隊長も、温泉を楽しんでいました。
f:id:dragonlady:20170703151718j:image

www.sakura-sakura.jp



今回は日帰り入浴プランのお部屋と貸切露天風呂についてご紹介をいたしましたが、次お記事ではプランにセットしているお食事をご紹介いたします。

さくらさくら温泉① 館内・温泉のご紹介

 鹿児島旅行の話が続いております。笑
せっかく鹿児島まで出かけたので、2日目に霧島温泉に行ってきました。

やって来たのはこち
f:id:dragonlady:20170703150728j:image
さくらさくら温泉

こちらは宿泊施設なんですが、日帰りの入浴も出来るんです。

で、なんでこの温泉にしたかと言うと~、天然の泥パックができるからなんです。
一度やってみたかったんですよね~♪

まずは、こちらの建物にある受付に向います。
f:id:dragonlady:20170703150736j:image

入浴、そしてお食事だけでもOKですので、希望のチケットを券売機で購入し、受付に渡します。
f:id:dragonlady:20170703150812j:image
お食事の場合には、券売機左のボードに名前と人数を記載して待ちます。

〇日帰りでの利用
 大露天風呂さくら湯入浴料(入湯税含む)
 ・大人(中学生以上)  700円/人
 ・子供(4歳~小学生) 350円/人
 入浴時間 10:00-20:00

タオルと貸しバスタオルなどもあります。
f:id:dragonlady:20170703150824j:image

大浴場の案内図
f:id:dragonlady:20170703150835j:image
うふふっ、女性用の方が広い!
(ダンナは横でブーブー行ってましたが、気にしない~)

では、大浴場に向いましょう。
受付の前を通り過ぎ、右手に進むと入口があります。
f:id:dragonlady:20170703150920j:image

おおーっ、アヒル隊長!!!
f:id:dragonlady:20170703150934j:image
こちらで履物を替えて奥に進みます。

なんだか昔の学校の廊下みたいですね~(分からないですよね・・・)
f:id:dragonlady:20170703151015j:image

手前にあるのが殿様湯
f:id:dragonlady:20170703151043j:image

そして廊下を更に奥に進んで行きます。
f:id:dragonlady:20170703151055j:image

こちらが美人湯 ♪
f:id:dragonlady:20170703151107j:image

中の様子はHPよりお借りしています。
大露天風呂 さくら湯写真

もちろんやりましたよ~、泥パック!
天然泥湯温泉写真
た~っぷりと前身に塗ってパックし、しっかりと洗い流してから湯船に入ります。

どう?
綺麗になったでしょ~!
f:id:dragonlady:20170703151151j:image 
なあに、その目・・・。

ヒル隊長たちの顔は気にしないでおきましょう。笑

詳しくは、こちらのHPを確認してくださいね~

www.sakura-sakura.jp

次は、今回予約をした日帰りプランについてのご紹介です。

天文館むじゃき

先日行った鹿児島
ちょうど一年前にも行ったんですが、その時にタイミングが悪くていけなかったお店がありました。
今回はどうしてもそのお店に行きたくて、鹿児島の知人に連れて行ってもらったのですが、それはとても意外な場所にありました。

それがこち
f:id:dragonlady:20170703141417j:image

しろくまのカキ氷で有名な、天文館むじゃき
f:id:dragonlady:20170703141429j:image

んんっ!?

あれっ、駅!?

地下街???

そうなんです。
よくガイドブックに載っているお店は、天文館にある本店
でも、知人に連れて行ってもらったのは、なんと鹿児島中央駅ビルの中にあるアミュプラザで、むじゃき唯一の支店だったんです。

本店は規模も大きい分、観光客も大勢やってくるためとても混雑しています。
でも、このアミュプラザ店は地元の人が多いので、本店のような混雑はしていません。

ここで更に驚いたことがありました。
なんと、カキ氷以外のメニューが沢山あったこと!!!

私、天文館むじゃきというのはカキ氷専門店だとばかり・・・。(無知でした)
f:id:dragonlady:20170703141447j:image
じーーーーーっ!
こうなると、カキ氷以外のメニューも気になります。

とりあえず、お店に入りましょう。

入口で人数を伝えると、カキ氷ですか? 鉄板ですか?
と聞かれました。 ???

ここは地元民の知人の後ろをついていきます!(笑)

席に座ると、おおよそカキ氷のお店には似つかわしくないセットが・・・。(汗)
f:id:dragonlady:20170703141628j:image

先ずは、メニューを拝見!
ほうほう、今年68周年なんですね~
f:id:dragonlady:20170703141502j:image

こっちにも、色々なカキ氷があります!
こんなにあると、迷う~(汗)
f:id:dragonlady:20170703141512j:image

こちらがダンナが注文した、ストロベリー&ヨーグルト白熊
f:id:dragonlady:20170703141525j:image

そして私が注文した、南海の黒熊
f:id:dragonlady:20170703141541j:image
ひねくれモンの私は、黒糖から作った黒蜜とピーナッツがかかった黒熊

二人とも初めて天文館むじゃきに来たのに、どっちも一番有名な白熊を頼んでない・・・。あはは~っ!

そして、地元の知人がお勧めで頼んでくれたのがこち

黒豚とん平焼きそば
f:id:dragonlady:20170703141553j:image

そして鹿児島名物の両棒餅(← これ「ぢゃんぼもち」と読む)
f:id:dragonlady:20170703141605j:image
甘い醤油のタレに柔らかいお餅がよくあっていて、美味しい~!

意外な発見が沢山あった、天文館むじゃき
一年越しでやっと行くことが出来て、大満足でした~。
カキ氷、すごく美味しかった~♪


天文館むじゃき アミュプラザ
鹿児島中央駅ビル アミュプラザ鹿児島店 地下1階
営業 10:00-21:00 (L.O. 20:30)

mujyaki.co.jp

天然温泉 霧桜の湯 ドーミーイン鹿児島(大浴場の紹介、夜鳴きそば)

昨日は、ドーミーイン鹿児島のホテルとお部屋の紹介をいたしました。
今回はこのホテルの目玉である、大浴場のご紹介です。
このホテルは鹿児島市の繁華街の中心部にあるのですが、なんと大浴場が天然温泉になっているんです。

場所はホテルの最上階である13階
 営業 15:00-翌朝の10:00(サウナのみ1:00-5:00は利用休止)
 浴槽 内湯、露天風呂、高温サウナ、水風呂
 泉質 ナトリウム・塩化物炭酸水素塩温泉
 効能 打ち身、関節痛、疲労回復


エレベーターにのって13階で降りると、すぐ手前に女性用、そしてその奥に男性用の入口があります。
f:id:dragonlady:20170703111654j:image

女性用の中に入るには、暗証番号が必要です。
この番号は、チェックインの際に教えていただけます。
f:id:dragonlady:20170703111713j:image
入口横のダイヤルを押してロックを解除します。

中に入るとすぐ右手に洗濯機と乾燥機が各2台ずつあります。
f:id:dragonlady:20170703111726j:image
ちょうど私達が宿泊していた日も大陸からの団体さんが沢山見えて、この洗濯機を活用されていました。
特に家族連れの方にはすごく助かりますよね!

そして左手に下駄箱があります。
f:id:dragonlady:20170703111736j:image
番号と簡単な仕切りがあるので、綺麗に並べて入れやすいように工夫されています。

履物を脱いで中に入ると脱衣所があります。
着替えとかを入れるロッカーは右手と
f:id:dragonlady:20170703111748j:image

左手に配置されています。鍵付きなので安心ですね!
f:id:dragonlady:20170703111815j:image

脱衣所の奥に化粧台が4個あります。
f:id:dragonlady:20170703111801j:image

化粧台の様子
f:id:dragonlady:20170703111827j:image

各台には、洗顔剤・化粧水・乳液が配置されています。
f:id:dragonlady:20170703111842j:image
コットンパッと、シャワーキャップ、ブラシ、ヘアーゴムも綺麗に並べられており、使いやすいように工夫がされていました。

早速、温泉の様子を見て見ましょう。

私が行ったのは、清掃が終了した直後だったこともあり、まだどなたも入ってきていませんでした。

おかげで、この写真を撮ることができました。
f:id:dragonlady:20170703111901j:image
右奥には洗い場、左が内湯、そしてその奥に露天風呂があります。
写真には写っていませんが、手前にはサウナと水風呂もありました。

すごく驚いたことがあります。
それは、洗い場のアメニティに資生堂TSUBAKI』がおいてあるところが何箇所がありました。
たしかにこの資生堂は品質・信頼が高いメーカーという認識があり、大陸ではとても人気のあるメーカーです。
よくドラッグストアでも、このTSUBAKIのシャンプー・コンディショナーのセットを沢山買っている女性を見かけます。

ただ他の物よりも少しだけ値段が高いので、こういう業務用的なところで使われているのを見たことがありません。
(見たことないのは私だけ???)

その後、夜にも翌朝にも大浴場に入ったんですが、大陸系の方はみんなこのTSUBAKIがおいてある洗い場ブースを利用していました。
(何回お風呂にいく??? とは言わないでください。笑)

これには本当にビックリというか、分かりやすいです。。。

最近は大陸からの観光客も、日本の「お風呂」という習慣を勉強されてくるようで、きちんとマナーを守って利用されていました。


さて、大浴場のお話は以上なんですが、もう一つこのドーミーインの名物があるので、そちらも合わせてご紹介いたします。

夜の21:30ごろになると、何やらフロント横にあるレストランに人が集まってきていました。
f:id:dragonlady:20170703120305j:image

その理由はこれ
f:id:dragonlady:20170703120320j:image
ドーミーイン名物の夜鳴きそば

受付で注文し、札を貰って席に座って待っていると番号が呼ばれます。
受け取ったのがこちら、夜鳴きそば
f:id:dragonlady:20170703120336j:image 
お醤油ラーメンですね~

しかもこちら、無料でいただけます!
これは嬉しいサービスですね。
先ほどまでお腹いっぱい食べたあとなんですが、なぜかスルスル~と胃袋に収まっていきました。笑
量も少なめですので、女性の方でも食べられると思います。

入口の案内には、英語・中国語・韓国語も記載されているので、外国人の方も大勢食べに来てみえました。

この夜鳴きそばのサービスは、21:30-23:00となります。
ドーミーインに宿泊の際は、ぜひ食べてみてください。

http://www.hotespa.net/dormyinn/information/noodle/index.html