美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。記載の記事内容についての詳しい旅行記などは、アメブロに掲載していますので、こちらもご参考ください。 ※http://ameblo.jp/dragonlady27/

JAL SKY SUITE Ⅲ (ビジネスクラス・シート)

GWに行ったハワイの復路で、JALの最新ビジネスクラスを体験してきました。
f:id:dragonlady:20170530134218j:image

現在、JALの国際線シートには7種類あります。
f:id:dragonlady:20170525140948p:plain

その中でも一番新しいのが、右上にある JAL Sky Suite Ⅲ



今までのシート配列とは違い、少し斜めに配置されたヘリボーンとなります。
f:id:dragonlady:20170530134204j:image
ちょっとしわくちゃですが・・・。笑

では、機内に入った様子から
f:id:dragonlady:20170530134231j:image
第一印象は、「狭くて圧迫感がある!」でした。

では、座席の細かな機能を紹介します。

先ずは座面から。座席は2Gです。1DGはありませんので、この席が中央席の最前列となります。
f:id:dragonlady:20170530134246j:image

足元チェック。

f:id:dragonlady:20170530134312j:image 

シートをフルフラットにした様子
f:id:dragonlady:20170530134341j:image

右側にある肘掛は、手動で上げ下げできます。

f:id:dragonlady:20170530134604j:image

肘掛を上げた状態
f:id:dragonlady:20170530134622j:image

では、反対の2Dの席を見て見ましょう。
シートを倒した状態
f:id:dragonlady:20170530134652j:image
注目すべき点は、シートの高さです。2Gはフルフラットにした時の高さは座席のリモコンの横にある黒い肘掛の高さに近い状態。それに比べて2Dはかなり低い位置に下がっています。

そして足元にあるオットマンの部分の高さでもそれが分かります。
f:id:dragonlady:20170530134710j:image 
上の方に貼ってある2Gに比べて、2Dの席はオットマンの高さ自体が低くなっています。

因みに、シートを離発着時の標準位置にしてある高さは同じです。これは後に紹介する座席の間の写真を見ればよく分かります。
つまり、座面を少しでも倒したりすると2Dは下に下がり、2Gは上に上がる仕様になっているんです。

ただし、中央の最前列(2DG)については、座面はそれぞれ上もしくは下に下がるんですが、3DG以降の座席は、フルフラットにすると足が上下に交差しているんです。Dが下でGが上になります。これちゃんと箱型になっているからいいんですが、そうでないと他人の足と上下に交差することになりますから、考えただけでもぞーっとします。

 

では、次に座席の真ん中部分を見て見ましょう。 
真ん中にはコンセントとUSBがあります。
f:id:dragonlady:20170530134515j:image
そして真ん中にはパーテションがあります。
ちょうど指を掛けている部分ですね。

パーテションを下ろすとこんな感じで、隣の人は見えなくなります。
f:id:dragonlady:20170530134532j:image 
上の写真の左端がオーディオシステムのリモコンになります。
この位置は邪魔にならないし、操作もしやすいのでいいですね~。

そしてこちらが座席の横についているポケットとシートのリモコンです。
 f:id:dragonlady:20170530134500j:image
ポケットは説明書や安全のしおりとかがぴったりと入っていますので、これ以上は何も入らない状態です。
そしてシートのリモコンですが、これ背もたれを倒すか起こすしかできないんです。
つまり、個別にフットレストの角度調整ができないんです。
他のSky Suiteはできるのですが、このシートタイプだけが微調整ができないので、戦略的に中距離用としてのみの仕様と言うことがよく分かりますね!

 

このシートの角度調整については、後のテーブルのところで一言言わせて貰いたいことがあります! (笑)

さて、中央のもの入れの中を見て見ましょう。
f:id:dragonlady:20170530134740j:image
三角形ですが、広さはありますので、ポーチとかを入れておくには十分な広さだと思います。またオーディオヘッドも引っ掛けて入れられます。
そして、女性には嬉しい大き目の鏡がありとても便利です。 


お話しが前後して申し訳ありませんが、問題のテーブルです。
f:id:dragonlady:20170530134751j:image
これが収納した状態です。


そして、これがテーブルを下ろした上体
f:id:dragonlady:20170530134809j:image

下ろした状態だと斜めになっていますので、上の部分をスライドさせて真直ぐにして利用します。
f:id:dragonlady:20170530134833j:image
これ、写真で見る限りでは普通に使えています。
問題はテーブルではなくてシートなんです。テーブルの高さは右も左も同じ高さにあります。ここで先ほどシートの時に記載したことを思い出してみてください。Dの人は座席を動かすと下に移動し、Gの人は上に移動します。
つまり、テーブルの高さが同じということは、Gの人がリクライニングを動かすと座面とテーブルの間が狭くなってしまうんです。

細い方でしたら問題はないかもしれませんが、私のようなデブBBAだとテーブルが近すぎて苦しいし、使いづらいんです。かといって座席をリクライニングせずに座っているのも辛いですよね。

G側の席を選ばれる方は注意をされたほうがいいと思います。

シートについては、大体ご紹介をしたと思うんですが、中央最前列の座席には思わぬ落とし穴があったんです。
それがこの写真
f:id:dragonlady:20170530134417j:image
パッと見よく分からないと思いますが、上にある収納部分の左側2という書かれていますが、右側は「No Stowage」と書いてあり開けられないようになっています。
つまり、自分の上の収納は一つも使えないと言うことなんです。これは2D席も2G席と同じようになっていました。
荷物を沢山持ち込まれる方(もちろん規定範囲内ということですが)は収納場所に困ると思います。
我が家も、周りの方の横に入れさせて頂きました。

飛行機に乗るときは、少しでも自分好みの座席を選びたいもの。
皆様の楽しいフライトのお役に立てるといいのですが。
f:id:dragonlady:20170530134901j:image
では!