美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。記載の記事内容についての詳しい旅行記などは、アメブロに掲載していますので、こちらもご参考ください。 ※http://ameblo.jp/dragonlady27/

さくらさくら温泉② 日帰り温泉のご紹介

鹿児島の霧島温泉にあるさくらさくら温泉のご紹介をしています。
続いて、今回私達が予約した日帰りコースをご案内します。

プランは『個室でのんびり ゆったり日帰りプラン』
・入浴料+休憩室料(最大4時間)+お食事をセットにしたもの
このプランでは、レストラン内にある個室を10:00-15:00の間で利用できます。

さらに、これに1,500円/人をプラスすると、客室を11:00-15:00の間で利用できます。
このプランには、本館または別館の客室が利用でき、浴衣とタオルも付いてきます。
また、貸切風呂も利用することができるんですよ!

今回は、お部屋もお借りする『客室利用プラン(4,650円/人)』で予約をしました。

このコースについてくるお食事は、『創作料理みやま』『黒豚しゃぶしゃぶ膳』のいずれかを選ぶことができます。 

では、お借りした客室のご紹介をします。
今回は、さくら館別館のお部屋でした。
f:id:dragonlady:20170703151223j:image

入口正面に貼ってあったさくら館別館の配置図
f:id:dragonlady:20170703151504j:image 

お部屋は、上の矢印のすぐ横
先ずはドアを開けた様子から
f:id:dragonlady:20170703151234j:image

入って右手にお手洗いがありました。
f:id:dragonlady:20170703151247j:image

中に入って右側の押入れの中にはお布団セット
f:id:dragonlady:20170703151300j:image
もちろん、利用することができます。
実際にお借りして、1時間ほどお昼寝をしました。

お部屋にあったお茶セット
f:id:dragonlady:20170703151324j:image
ちゃんとポットの中にはお湯が沸かしてありました。

その横にある冷蔵庫
f:id:dragonlady:20170703151335j:image
中にはビールが2本冷やしてありました。(有料です)

左角には鏡台
f:id:dragonlady:20170703151358j:image

鏡台の隣のたんす
f:id:dragonlady:20170703151414j:image

温泉用の浴衣とタオル・バスタオル
f:id:dragonlady:20170703151435j:image
セットに浴衣一式があるのって、けっこう嬉しいサービスですよね!
大浴場にもお食事にも、この浴衣を着ていきました。

さて、こちらさくら館別館の中には貸切のお風呂が3つあります。
一つ目は内風呂
f:id:dragonlady:20170703151451j:image

そして露天風呂が二つ
f:id:dragonlady:20170703151557j:image

上の看板の右側にある貸切露天風呂
f:id:dragonlady:20170703151650j:image

入るときは入口の『空室』の看板を裏返します。
f:id:dragonlady:20170703151638j:image
もちろん中から鍵を掛けられますので安心して入ることができます。

そしてこちらが左側の貸切露天風呂
f:id:dragonlady:20170703151624j:image
左右の露天風呂は大体同じ大きさです。

この温泉、源泉掛け流しなので湯船には沢山の湯の花が浮いています。
そのため硫黄の匂いが数日残っていて、帰宅した後でもビックリしました!

一緒にやってきた我が家のアヒル隊長も、温泉を楽しんでいました。
f:id:dragonlady:20170703151718j:image

www.sakura-sakura.jp



今回は日帰り入浴プランのお部屋と貸切露天風呂についてご紹介をいたしましたが、次お記事ではプランにセットしているお食事をご紹介いたします。