美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。記載の記事内容についての詳しい旅行記などは、アメブロに掲載していますので、こちらもご参考ください。 ※http://ameblo.jp/dragonlady27/

シェラトン上海外高橋(上海外高桥喜来登酒店)③ クラブラウンジの紹介

前の回では1階にあるレストラン、ベイリーフの朝食の様子をお伝えしました。
今回はクラブラウンジの朝食の様子をお伝えいたします。

1階からエレベーターで上にあがるんですが、その通路にはこんな感じの中国伝統文化の芸術作品がいたるところにおいてあります。
f:id:dragonlady:20170710162917j:image
まるで美術館の中にいるような感じ・・・。

そんな芸術作品を見ながらエレベーターホールに行くと、これまた今や骨董品ともいえるような灰皿を発見!
f:id:dragonlady:20170710162926j:image
昔はどのホテルのエレベーターホールには、必ずホテルのロゴマークを刻印した灰皿が置いてありました。
最近は全館禁煙のホテルも増えてきて、すっかり目にすることがなくなった灰皿。久しぶりに見て、おお~って思わず声を出してしまいました。
つまり、このホテルには喫煙ルームがあるという事ですね。

さて、エレベーターで上51階に上がりましょう。
降りると窓際にも大きな絵が置いてありました。

 f:id:dragonlady:20170710162938j:image
日に焼けてしまうとか、あまり気にしないんでしょうか・・・。

窓から外の景色を見て見ると~

f:id:dragonlady:20170710162954j:image 
外高橋保税区のフェンスの外には、沢山の住宅が立ち並んでいますね~

反対側にはまだ緑も沢山残っています。
f:id:dragonlady:20170710163002j:image
このホテル、周りには隣のビル以外高い建物がないので、とても見晴らしはいいです。

さて、クラブラウンジへ向いましょう。
こちらにもひときわ鮮やかな絵が飾って有ります。
f:id:dragonlady:20170710163018j:image


因みにこのホテルのロビーや各階のエレベーターホールに掛けられているこの大きな絵
なんと、全て刺繍なんです!
クラブラウンジの入口にあるこちらの絵もその一つ
f:id:dragonlady:20170710163349j:image

拡大すると、一針一針綺麗に刺繍されています。
f:id:dragonlady:20170710163359j:image

前置きが長くなりましたが、こちらがクラブラウンジの入り口
f:id:dragonlady:20170710163026j:image

中に入ると、素敵なソファーセットが並んでいます。
f:id:dragonlady:20170710163045j:image

しかも、天井もすごく高くて豪華!
f:id:dragonlady:20170710163112j:image

窓際の中央部に朝食のお料理やパンが綺麗に並べられて有りました。
f:id:dragonlady:20170710163100j:image

反対の壁側にも色々と並んでいます。
f:id:dragonlady:20170710163138j:image

基本的に並んでいるものは1階のレストランと大差はありません。
f:id:dragonlady:20170710163248j:image

こちらにも卵料理と麺がオーダーできるようですね
f:id:dragonlady:20170710163258j:image

ということで、麺料理をお願いしてみました。

すると、やって来たのは1Fのレストランとは全然別物!!
なんとも上品で丁寧に作られた麺でした。
f:id:dragonlady:20170710163311j:image
一口食べてみると~、美味しい!!

今後はクラブラウンジで朝食を食べようと誓った瞬間でした。笑

入口にあったクラブルームの利用案内です。
f:id:dragonlady:20170710163323j:image
これによると、spgプラチナ会員は同室の1名は無料でラウンジが利用できます。
それ以外の人は、各時間帯ごとに費用が発生するとのこと
 ・ブレックファースト 07:00-10:30 (158RMB)
 ・アフタヌーンティ  14:30-16:30 (120RMB)
 ・ディナー       17:30-20:00 (158RMB)

 

そして、お部屋にもフロントにもおいてあったこれ
f:id:dragonlady:20170710163421j:image
そう、このマークでピンときますよね!
『満足したらここに書いておいてね~』と言う案内でした。

このホテル、館内が美術館のごとく素晴らしい調度品の数々でとても豪華!
スタッフも親切で対応も良かったです。

問題は、市内の中心部からかなり離れていること。
もちろん、ホテルのすぐ近くには地下鉄の駅があります。でもその地下鉄に乗ってすら中心部までは1時間ほど掛かるくらい上海市の端っこなんです。

タッチ修行とかならば全然問題ないんですけどね~。