美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。記載の記事内容についての詳しい旅行記などは、アメブロに掲載していますので、こちらもご参考ください。 ※http://ameblo.jp/dragonlady27/

エレメント蘇州① ホテルとお部屋のご紹介 <spg22滞在目>

はるばる中国の蘇州までやってきて宿泊するこのエレメント蘇州
蘇州といってもかなり外れていて太湖の近くに位置します。

ではなぜここまでやっていたかと言うと、spgの全ブランド制覇を目論んでいからなんです。ただこんな苦労して全制覇しても、今年からはボーナスポイントはもらえなくなってしまったようで、ちょっと残念。自己満足のためだけに制覇することになりました。笑
そんなspgのブランドは全11ブランドあります。

Sheraton、Westin、 St Regis、The Luxury Colection、W Hotels、Meridien、Design Hotels、Tribute by Portfolio、element、Aloft、For Point

日本にいて全制覇するための最難関と言われているのが、今回宿泊したエレメント。

そうエレメントだけは、アジア地域にはクアラルンプールとここ蘇州の2箇所しかなく、金曜日の午後から土日の2.5日間でいけるのは蘇州だけだったので、あえてこんな不便なところまで来ることになりました。

そんなエレメント蘇州
蘇州駅からは公共交通機関の地下鉄とトラムに乗って2時間弱・・・。
今回は寄り道をしたので、タクシーでホテルに移動しました。それでも中心部からは45分くらいかかりました。
f:id:dragonlady:20170714102032j:image
この辺り一帯は、中国政府の科学技術部と蘇州市政府が提携し、建設した研究開発およびその成果の事業化を図るという大掛かりな開発プロジェクトが進行している地域で、蘇州サイエンスシティ(蘇州科技城)と呼ばれています。

そして、このエレメント蘇州がある区画一体は、休暇区に指定されている部分にあたります。
f:id:dragonlady:20170714102659j:image
よって、周りには沢山のマンション郡があり、今もまだ建築中のところが多数ありました。そんなに住む人いるんでしょうか、という疑問もありますが・・・。

ということで前置きが長くなりましたが、これがホテルの正面
f:id:dragonlady:20170714102042j:image
ホテルの中国名にも「科技城」って入ってますね。

ますはホテルロビーの様子から
f:id:dragonlady:20170714102051j:image

コンビニのような売店
f:id:dragonlady:20170714102112j:image
でも価格がどこにも書かれていないので不思議に思ったら、なんとレジの横のリストで探して価格を見る方式らしい・・・。はっきり行ってかなり面倒です。

ホテル唯一のレストラン
f:id:dragonlady:20170714102132j:image

さて今回も最安のレギュラーフロアー(セミダブル)を予約していました。
エレメントはお部屋のアップグレードはないと聞いていましたので期待していなかったのですが、なんとコーナースイートにアップグレードして頂きました!

ということで、今回のお部屋は5階の5005号室
f:id:dragonlady:20170714102149j:image

ドアを開けて中に入った様子から
f:id:dragonlady:20170714102204j:image

すぐ右手にあるキッチン
f:id:dragonlady:20170714102222j:image

大型の冷蔵庫(長期滞在者用??)
f:id:dragonlady:20170714103231j:image

キッチンに合った色々なものまとめて
f:id:dragonlady:20170714102546j:image

その向こうにあるデスクとソファーセット
f:id:dragonlady:20170714102610j:image 

リビングルームのテレビ
f:id:dragonlady:20170714103019j:image
テレビの下にある黒いのは椅子2個でした。

ウェルカムフルーツ
f:id:dragonlady:20170714103140j:image

お部屋に入って左側を見た様子
f:id:dragonlady:20170714102626j:image
手前からベッドルーム、そしてシャワールーム

これがそのシャワールームの様子
f:id:dragonlady:20170714102648j:image

シャワーブース内にあるアメニティ(Pharmacopia)
f:id:dragonlady:20170714102734j:image
左がボディーソープ、右がリンスインシャンプー

リンスとシャンプーが一緒になっているとは・・・、と思ったらちゃんと洗面台の近くにフルセットが置いてありました。ほっ!
f:id:dragonlady:20170714103310j:image

ベッドルーム
f:id:dragonlady:20170714102755j:image
コーナーなので明るくていいですね。

ベッドルーム内のクローゼット
f:id:dragonlady:20170714102807j:image

ベッド全体の様子
f:id:dragonlady:20170714102817j:image

お部屋から見た外の様子
f:id:dragonlady:20170714103103j:image

思ったよりもよいお部屋で、しかも広いのでゆっくりと寛ぐことができます。
ただし、周りに建築中のマンションだらけで何もありません。しいて言えば横にある池の反対側にあるショッピングセンターらしきところなんですが、殆ど人がいないので本当に営業しているの? と疑ってしまいたくなるほど閑散としています。

ただそこそこ使えそうなキッチンがお部屋にあるので、食料を買い込めは長期滞在にはいいかもしれません。
まぁ日本人がこんなところに来るなんて、殆どないと思いますけど・・・。

と考えていたら、なんとすぐ近くに日本工業村なる区画があり、その中に日系企業が沢山あるとか・・・。
そういえば、チェックインの時に隣にいたチェックアウトをしている男性は日本人でした。スーツを着てビジネスバックを持っていたので、おそらくは出張ではないかと思われます。
となると、その日本工業村の関係者も、このホテルを利用しているかもしれません。
何せこのエレメント蘇州以外に、外資系もしくは同等ランクのホテルが見当たりませんでしたので・・・。
いずれにしても旅行には向かない立地のホテルなのは間違い有りませんね。

次のブログではこのホテルのレストラン(朝食)の様子をお伝えする予定です。