美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。記載の記事内容についての詳しい旅行記などは、アメブロに掲載していますので、こちらもご参考ください。 ※http://ameblo.jp/dragonlady27/

蘇州で鼎活! (鼎泰豊)

蘇州に行った際の夕食を、鼎泰豊で頂きましたのでご紹介します。
現在、蘇州には鼎泰豊は1軒しか有りません。場所は地下鉄の時代広場と直結している新光天地の中にあります。
f:id:dragonlady:20170718091319j:image
この建物の名称を聞いて、あれっと思う方も見えるかと。そう台湾にも似たような名前のデパートが有り、中に鼎泰豊がありますよね~!
台湾のデパートは「新光三越」ですけど。

で、デパートの中に鼎泰豊があります。
f:id:dragonlady:20170718092328j:image

入口にあるメニュー
f:id:dragonlady:20170718091513j:image
写真つきなので分かりやすいですよね~
ちゃんと日本語も記載されていましたよ!

右側のメニューには新商品のご案内

中はとても賑わっていましたが5分ほどで案内いただけました。
f:id:dragonlady:20170718091356j:image

先ずは乾杯!
f:id:dragonlady:20170718091528j:image
色がすごいですが、スイカ100%で美味しい~

酸菜三絲(漬け野菜と豚肉と筍の和え物)
f:id:dragonlady:20170718091540j:image

蝦肉焼売(蝦と豚肉入り焼売)
f:id:dragonlady:20170718091559j:image

定番の小籠包
f:id:dragonlady:20170718091611j:image

おつゆもたっぷり入っています!
f:id:dragonlady:20170718091626j:image

蟹粉豆苗
f:id:dragonlady:20170718091650j:image
炒めた豆苗の上に上海蟹の餡がたーっぷり!
上海で食べると高い上海蟹ですが、元はここ蘇州の蟹なのでとてもお安く食べられます。

上海蟹と一般的に言われている蟹、実は蘇州にある陽澄湖の大閘蟹のことを言います。
なぜそれが上海蟹といわれるようになったのかは不明ですが、今でも陽澄湖の大閘蟹が最も人気が有り、高級レストランで出される上質な蟹は、陽澄湖で捕れたものだそうです。
あっ、もちろん偽者も沢山で回っております。

さて次にやってきたのが、小籠湯包
f:id:dragonlady:20170718091707j:image
小さな小籠包とスープがやって来ます。

この可愛い小籠包を、スープの中に入れて頂きます。
f:id:dragonlady:20170718091716j:image
美味しい~!!!

このこの小籠湯包、あまり聞きなれないかもしれませんが、以前は台湾本店だけの日曜日限定の朝食メニューでした。

現在は本店があまりにも混雑するため、他の支店にて朝食時間のみの提供に変わってしまったようですね。
食べられるお店は次の5店舗で、いずれも朝食時間のみのメニューとなります。
また販売は『週末と祝日のみ』となりますので気をつけてください。
 ・信義店 09:00-10:00
 ・復興店 10:00-11:30
 ・101店  11:00:12:00
 ・台中店 10:30-11:30
 ・高雄店 10:30-11:30

魚香肉絲(四川風豚肉と野菜炒め)
f:id:dragonlady:20170718091730j:image

肉絲蛋炒飯(豚肉チャーハン)
f:id:dragonlady:20170718091737j:image

全部で491元(約8,100円)
f:id:dragonlady:20170718091748j:image
いつもより高額になっているのは、1品だけ3桁のお料理があるからです。
その犯人は、蟹粉豆苗が158元(約2,600円)。
でも上海蟹の餡がタップリ乗ったお料理を日本で食べるとこの倍の値段はしますので、とてもお得でした。

ふぅ~お腹いっぱいになりました!
f:id:dragonlady:20170718091759j:image 

こうして写真を見ているだけでも、また食べたくなります。


鼎泰豊 新光天地店(中国・蘇州)
江蘇省蘇州工業園区蘇州大道東456号2楼2026号
蘇州新光天地店
電話 +86-512-6298-7101
営業 11:00-14:00、17:00-20:30
   (休日は11:00-20:30)