美味しいものと旅行が大好き!!

タイトル通り、食と旅を中心に書いています。記載の記事内容についての詳しい旅行記などは、アメブロに掲載していますので、こちらもご参考ください。 ※http://ameblo.jp/dragonlady27/

神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ① ホテルの紹介

神戸旅行の際に神戸ベイシェラトンに宿泊をしてきましたので、その時の様子をお伝えします。

f:id:dragonlady:20170918171700j:plain

場所は、六甲ライナーのアイランドセンター駅に直結しています。
f:id:dragonlady:20170919150254j:image
JR三ノ宮駅からは約20分、JR大阪駅からは30分

こちら駅からのホテルへの入口になります。
f:id:dragonlady:20170918171650j:plain
雨にでも濡れずにホテルにいけるのは便利ですね!

こちらのホテル、シェラトンというspg(スターウッドホテル&リゾート)の中のブランドホテルなんですが、ホテルの経営自体は㈱ホテルニューアワジが行なっています。

もともとは投資会社ローンスターの運営会社、ソラーレホテル&リゾーツが所有し1992年6月25日に開業したのですが、2012年12月1日に㈱ホテルニューアワジが全株式を買収し、土地建物を含め譲渡し現在に至っています。

現在の総支配人である三輪谷氏は、リーがロイヤルグループからの転進で、㈱ホテルニューアワジ初の都心型ホテル初進出の挑戦をサポートして入るそうです。

三輪谷総支配人、私がホテルに滞在している間も、色々なところで普通の従業員に混じって元気に働いている姿を何度も目にしました。

初めは総支配人だとは知らなかったのですが、レストランマネージャーに教えていただき、とてもビックリしました!

ホテルの支配人というと、普通は事務所とかにいてお目にかかることなんて殆どないんですが、こんなに身近なところで働いてにみえる方は初めてかもしれません。

そしてこちらのホテルですごく感心したのは、フロントやクラブラウンジ、そしてレストランにベルと、ホテルの従業員同士のコミュニケーションが良く取れていて、チームワークも抜群でした!

一人に何かをお話すればそれが皆に伝わっていて、色々とお願いとかし易くてとても助かります。

チーム一丸となって、という雰囲気がありありと分かり、本当に関心いたしました!

このホテルにはもう一つ大きな特徴があります。
それは、ホテルの中に天然温泉施設「神戸六甲温泉・濱泉(はまいずみ)」があること。しかも宿泊者は滞在中無料で利用できます。
f:id:dragonlady:20170918171627j:plain
こちらの濱泉の詳細については、後のブログでご紹介をさせて頂きますね。

そしてホテルの17~20階がクラブフロアとなります。
f:id:dragonlady:20170919150353j:image
ホテルの中のホテルといわれる特別フロアで、ホテルの高層階に位置し、北側からは六甲山の1000万ドルの夜景も楽しむことができます。

19階にある専用ラウンジでチェックイン・チェックアウトサービスの他、ドリンクや朝食などもこちらのラウンジで利用することができます。
また、17・18・20階からは神戸六甲温泉「濱泉」と宿泊フロアをダイレクトに結ぶ専用エレベーターもあり、こちらは浴衣と専用スリッパで温泉に移動することができます。

シェラトンクラブのご案内
f:id:dragonlady:20170919150428j:image
こちらのシェラトンクラブラウンジについても、後のブログで詳しくお伝えいたします。


この神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズは、今年25周年を迎えています。
これからも明るくて心温まるホテルでいて欲しいですね!

次のブログでは、実際に宿泊したお部屋の紹介をいたします。


神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
神戸市東灘区向洋町中2-13(六甲アイランド
電話 078-857-7000(代表)
チェックイン  15:00
チェックアウト 12:00
総部屋数 270室
http://www.sheraton-kobe.co.jp/